FANDOM


「あんた、マンダロアの人かい? 本物?」
サビーヌ・レンに対し、エズラ・ブリッジャー[出典]

マンダロリアン・アーマー(Mandalorian armor)は惑星マンダロアの戦士部族が着用した伝統的な装甲服である。マンダロリアンは所有する装甲服に独自の改造を施していたが、T字型バイザーのついたヘルメットや、ウィップコード発射装置火炎放射器ジェットパック等の装備は共通していた。

マンダロリアンは血にまみれた歴史を持ち、戦士団の伝統である装甲服は恐怖の象徴となっていた。賞金稼ぎジャンゴ・フェットボバ・フェットはマンダロリアン・アーマーを着用していた。

特徴

伝統的なマンダロリアン・アーマーはヘルメット、ポールドロン(肩当て)、リスト・ガントレット(手甲)、胸当て、股当て、膝当てから成り、装甲の下にボディ・ストッキングを着用していた。マンダロリアンのヘルメットにはマクロバイノキュラー・ビュープレートと呼ばれるバイザー、コムリンク、アンテナが取りつけられていた。ヘルメットの側部にあるレンジファインダー装置はビュープレートの視界を強化した。サビーヌ・レンは自身のレンジファインダーにホロ=イメージャーでスナップ写真を撮る機能をプログラムしていた。また、マンダロリアンはマグネット・シューズを身に着けていた。

マンダロリアンのリスト・ガントレットはコンピューター制御ツールとしての機能も果たした。リスト・ガントレットには以下のような武器が搭載された。

歴史

「先日、マンダロアの装甲服を着た男と会いました。ジャンゴ・フェットです」
「フェットは悪名高い賞金稼ぎ。どこかで装甲服を手に入れたのでしょう」
オビ=ワン・ケノービアルメク首相[出典]

クローン戦争中、マンダロアの統治者となったシス卿ダース・モールは、改造型マンダロリアン・アーマーを身につけたスーパー・コマンドーを指揮した。彼らのヘルメットはモールのタトゥーに似せたペイントが施され、角が取り付けられていた。

登場作品

参考資料

マンダロリアン
派閥 マンダロリアン・ネオ=クルセイダー - 新マンダロリアン - デス・ウォッチ - ジャーニーマン・プロテクター - ナイト・アウル - マンダロリアン・スーパー・コマンドー - インペリアル・スーパー・コマンドー
氏族 クライズ家クライズ氏族) - ヴィズラ家サクソン氏族 - ヴィズラ氏族 - レン氏族) - エルダー氏族 - ルック氏族
地名 マンダロアサンダーリ - 王立アカデミー) - カレヴァラ - クローネスト - コンコーディア - コンコード・ドーン
兵器 マンダロリアン・アーマー - マンダロリアン・ヴァンブレイス - ウェスター35ブラスター・ピストル - グラップリング・ライン - パラライジング・ダート - 小型携帯式シールド - ジェットパック - ダークセーバー
ビークル アカジョア級シャトル - コムルク級ファイター/トランスポート - バルター級スウープ - ファング・ファイター
[テンプレート]