FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
類似した名称の記事はマンダロア(曖昧さ回避)を参照

マンダロア[1](Mandalore)は、マンダロリアンの民族と文化の最高指導者の称号を、ベーシック言語に翻字したもの。マンダロリアンの言語マンドア語ではMand'alorと表され、これは“唯一の統治者”を意味する。タングと呼ばれる初代のマンダロリアン戦士たちを率いたマンダロア1世を起源に持つこの称号は、その後何世代にも渡って民族の指導者たちに引き継がれていった。将軍を組み合わせたような機能を持っていたマンダロアは、広範囲に散らばったマンダロリアン氏族たちの国家元首に近い存在だった。また、マンダロアはアロリラミケイド(“スーパーコマンド最高司令官”の意)という第2の称号を持ち、マンダロリアンが支配した故郷アウター・リムの惑星マンダロアの事実上の支配者だった。マンダロリアン文化に属さない外部の者たちは、敬意を表して彼らの指導者をロード・マンダロア(Lord Mandalore)と呼んだ。マンダロアの称号の重要さは、マンダロリアン文化を形作った6つの信条、リソルネアにも反映されており、マンダロリアンはマンダロアの招集に応じなければならないという条項があった。

歴史

銀河共和国の初期、惑星コルサントから追い出されたタングたちは、植民するための新しい惑星を求めて銀河系を探し回った。彼らは巨大なミソザウルスが住むアウター・リム・テリトリーの惑星に決めた。こうしたタングのリーダー、マンダロア1世は、戦士を率いてミソザウルスを滅ぼし、その骨を使って都市を形成していった。このリーダーの名前を取り、惑星はマンダロアと名づけられ、タングは彼を称え、自分たちのことを「マンダロリアン」と称し始めるようになった。

時が経つと、マンダロリアンのリーダーは「マンダロア」を称号として使うようになった。4,000 BBYごろのマンダロア・ジ・インドミタブルの統治の時代、この称号はウォー・マスクに象徴されていた。マスクなしでは、新しいマンダロアを宣言することができなかったのである。これは、マンダロリアン戦争が終了したさいにマンダロリアンたちに起こった、大規模な混乱と幻滅の原因となった。当時のマンダロア・ジ・アルティメットレヴァンと戦って殺害され、相手にマスクを奪われたのである。その後レヴァンはマスクの場所をカンデラス・オルドに教え、伝統は継続することとなった。

伝統

マンダロリアン戦争の時代、マンダロアは個人個人の真価によって定められており、その定義は知られていなかった。また当時は、新しいマンダロアは彼らがマスクを手に入れたときにしか宣言されることはなかった。マスクが所在不明になったしばらくのあいだ、マンダロリアンの部族は分裂した。この伝統は、ジャスター・メリールが統治した60 BBY以前のある時点で途絶え、すでにこのころのマンダロリアンは、単に協力でカリスマ性のあるリーダーのもとに集っているだけの状態のようだった。

歴代のマンダロア

マンダロア1世

Blue Glass Arrow 詳細はマンダロア1世を参照

タング種のリーダーであり、神話的存在であるマンダロア1世は植民する惑星を征服し、その星は彼の名誉にちなんでマンダロアと名づけられた。初代マンダロアとその戦士たちは、惑星の固有種であるミソザウルスを滅ぼし、大都市を築きあげるためにその骨を使用した。彼のころから「マンダロア」が称号として使われていたのか、あるいは彼自身の名前だったのかどうかは知られていない。

マンダロア・ジ・インドミタブル

80Mandalore

マンダロア・ジ・インドミタブル

「マンダロア」を称号として使用した最初の人物として知られるのが、マンダロア・ジ・インドミタブルである。彼は自分で組織したマンダロリアン・クルセイダーを率いて、4,000 BBYごろにクラースと戦った。クラースの指揮官でありシスの弟子であるウリック・ケル=ドローマとの決闘に敗北したあと、マンダロアは敵に忠誠を誓わなければならなかった。その後まもなく、シス大戦がはじまった。マンダロアと彼の戦士たちはシスの代わりにいくつかの戦いに参加した。その中には、銀河共和国の首都惑星であるコルサントへの攻撃も含まれていた。

しかし最終的に、マンダロリアン・クルセイダーズとクラースは共和国の巻き返しに遭い、3,996 BBYの惑星オンダロンにおける戦いで最終的な敗北を味わうことになった。オンダロリアンと共和国軍のあいだにはさまれ、マンダロアはクルセイダーズたちに、オンダロンのディクサンに退却するよう命じた。マンダロアにとっては不幸なことに、彼のバシリスク・ウォー・ドロイドは撃ち落され、ジャングルへと墜落してしまった。彼はここで原住動物に襲われ、命を落とす。その後あるマンダロリアンが彼の死体を発見し、マスクを奪って身につけ、新しいマンダロアを宣言した。

マンダロア・ジ・アルティメット

Mandalore the Ultimate with flamesgold

マンダロア・ジ・アルティメット

シス大戦終結後の30年のあいだに、新たなマンダロアが誕生した。彼は「アルティメット(究極)」という形容語句を名前に使い、ディクサンに基地を構えた。彼はここから、マンダロリアン・クルセイダーズの生き残りを呼び寄せたが、それに反応したのは少数のものしかいなかった。この問題を緩和するため、このマンダロアはそれまで単一種族で構成されていたマンダロアに、ほかの種族を受け入れ始めた。こうして再編されたマンダロアの戦士たちは、ネオ=クルセイダーとなった。未知のシスの派閥(おそらくトゥルー・シス)に扇動されたあと、マンダロリアンたちはのちにマンダロリアン戦争として知られることになる一連の聖戦を開始した。

数年にわたり、マンダロア・ジ・アルティメットの軍は共和国領より外側の独立した惑星を略奪していった。当初共和国はこれに応じることが出来ず、タリス付近で紛争が起きてやっとマンダロアに対抗した。これに引き続く対立は3年の間続き、マンダロアのネオ=クルセイダーは勝利を確実にするために惑星全体に核爆弾を使うなどの破壊的戦術を使用した。しかしジェダイ・ナイトレヴァンマラックによって率いられたジェダイの一派が現れ、マンダロアとよく似た戦術を使用し、マンダロアを押し返していった。マンダロア・ジ・アルティメットはマラコアV上で行われた戦争最後の戦いでレヴァンに殺される。

名称不明のマンダロア

マンダロア・ジ・アルティメットを破ったレヴァンは、そのマンダロアのマスクを奪い、事実上新しいマンダロア指名を禁じた。しかし、マンダロリアン戦争で惨敗を喫した後、マンダロリアン部族を再興させようとしたタングは、少なくとも1人いた。この人物については、名前さえ知られていない。分かっていることは、この人物が3,957 BBYごろにアサシン・ドロイドHK-47を雇い、3,956 BBYにクローキング装置をテストするためにキャッシークへマンダロアの小規模なチームを派遣したことである。この人物はまた、マンダロア・ジ・アルティメットはシスが背後に付いていた称号の権利主張者であり、自分こそがマンダロア・ジ・インドミタブルの本物の後継者だと主張していた。この未知のマンダロアは3,951 BBYごろには死に、この人物の支持者たちはカンデラス・オルドの発展途上の再統一運動へと吸収されていった。

マンダロア・ザ・プリザーヴァー

Canderousmandalorefull

マンダロア・ザ・プリザーヴァー

Blue Glass Arrow 詳細はカンデラス・オルドを参照

カンデラス・オルドは、惑星オルドオルド氏族に生まれた。彼はマンダロア・ジ・インドミタブルのシス大戦と、マンダロア・ジ・アルティメットのマンダロリアン戦争で戦った両方のマンダロリアン部族のため戦った。3,960 BBYのマラコアVでの敗北後、カンデラスは惑星タリスにおいて傭兵になった。一連の出来事の後、彼は記憶喪失になっていたレヴァンのグループに加わり、ダース・マラックやそのシス帝国を打倒し、ジェダイ内戦を終結させる旅に加わった。これを達成した後、レヴァンはカンデラスにマンダロアのマスクの位置を教え、彼にマンダロリアン部族を再生するよう命令した。カンデラスはそれを取り戻し、自分自身が新しいマンダロアであると宣言し、ディクサンの軍事基地を作り直すことから取り掛かった。

3,951 BBY、ジェダイ・エグザイルはディクサンでカンデラスのまだ小規模な活動を偶然目撃した。エグザイルの同行者のひとりクレイアに説得された後、カンデラスはかつてのジェダイの将軍が何人かの強力なシスを倒す手助けをした。エグザイルとともに旅をしていたとき、カンデラスは自身の目的のために相当な数のマンダロリアンの傭兵を集めた。クレイアはカンデラスの命が戦いのひとつであり続け、彼の行動のおかげでマンダロリアンは数千年の間記憶に残り続けるだろうと予言した。

マンダロア・ザ・レッサー

Mandalore General Maximus

マンダロア・ザ・レッサー

3,667 BBYジオノーシスのアリーナに若い闘士が現れ、自分自身を「新しいマンダロア」と称した。この称号は何世紀ものあいだ誰にも使用されていなかった。新しいマンダロアは、ジェダイ・オーダーのナイトたちというもっとも大きな挑戦のために、マンダロリアンの生き残りを呼び集めた。見たところ一晩で軍隊を集め、マンダロアはその軍をハイディアン・ウェイ通商ルートに配置し、共和国の供給ラインを遮断した。ジェダイ・オーダーは応戦することをひどくためらったが、それでも戦った。彼らはマンダロリアンの封鎖船を攻撃したが、すぐに敗北してしまった。銀河共和国と結託した密輸業者たちがこの封鎖を攻撃して共和国を救うまで、この封鎖は強度を保ったままでいた。彼はコルサント協定のあとのある時期に殺害され、マンダロア・ザ・ヴィンディケイテッドが後を継いだ。

マンダロア・ザ・ヴィンディケイテッド

MandaloreTheVindicated-TOR

マンダロア・ザ・ヴィンディケイテッド

コルサント協定が結ばれたあとのある時期、アータスという名前のマンダロリアン戦士が勢力を握るようになった。彼はグレート・ハントとして知られる銀河の栄光のためにマンダロア・ザ・レッサーが呼び出したマンダロアの中のチャンピオンだった。そこで彼は先代マンダロアに決闘を挑戦、彼を撃ち殺し、「マンダロア・ザ・ヴィンディケイテッド」として自らマンダロアの座に着いたのだった。

アング・カスプ

Blue Glass Arrow 詳細はアング・カスプを参照

マンダロア・ジ・アルティメットの統治した時代の少しあと、アング・カスプという名前のマンダロリアンの傭兵がマンダロアの称号を勝ち取った。彼はマスター・ジャイングを訓練していたマンダロリアンとの確執があったが、彼について知られていたことはわずかだった。あるとき、彼はサイバネティクス学者からシスの遺物を奪うためマンダロリアンのチームを派遣した。彼らは遺物を取り戻し、ジャイングを殺害し(のちに復活したが)、ジャイングの友人である賞金稼ぎダージの怒りを買った。ダージはすべてのマンダロリアンを殺すことを誓う。ダージのマンダロリアンへの恨みは、後世のマンダロアの人生において重要な役割を演じることになる。

マンダロア・ザ・デストロイヤー

クローン戦争以前のあるときに、ラナー・テー・ナーストという名前の女性のマンダロリアンがマンダロアになり、「マンダロア・ザ・デストロイヤー」を名乗った。マンダロアとしての活動中、彼女は惑星ルオンの包囲攻撃に関わっていた。攻撃する前に、彼女はルオンの執政官に降伏する最後のチャンスを与えていた。

殺されたマンダロア

Blue Glass Arrow 詳細は殺されたマンダロアを参照

この詳細不明のマンダロアは、およそ100 BBYごろに統治を行った。その年、彼は1世紀前にマンダロリアンが行ったイズーランの虐殺に対する報復行為において、ダージと放浪していたジェダイのグループによって暗殺された。そしてマンダロリアンたちはマンダロアの死の報復として、ダージを捕まえ拷問し、狂気のふちへと追いやった。ダージはその後、回復するために数十年間眠り続けなければならなかった。

ジャスター・メリール

Jastermereel2

ジャスター・メリール

惑星コンコード・ドーン出身の人間のリーダー。マンダロリアンにも道徳心を必要とする新しい考えの持ち主で、スーパーコマンド・コデックスに彼らが模範とする行動基準を書き留めた。このため一部の仲間の反感を買い、マンダロリアン内戦の原因を作る。真のマンダロリアンを率いてデス・ウォッチという派閥と内戦を繰り広げた。

内戦中に、彼がコンコード・ドーンで助けたジャンゴ・フェットを戦士として育てた(ジャンゴものちにマンダロアとなっている)。メリールは仲間を率いてコーダ6でデス・ウォッチと戦ったが、モントロスに裏切られてしまう。メリールはトー・ヴィズラの放ったビームに胸を貫かれて死亡した。

ジャンゴ・フェット

Blue Glass Arrow 詳細はジャンゴ・フェットを参照
Jangoclones

ジャンゴ・フェット

幼少期、出身惑星であるコンコード・ドーンジャスター・メリールに命を救われ、真のマンダロリアンに加わった。メリールと共にマンダロリアン内戦で戦い、コーダ6でメリールが死んだ後にマンダロアになった。 彼は惑星ガリドラーンで現地の総督とトー・ヴィズラの策略にはまり、ジェダイ・オーダーと戦うことになる。ジャンゴはジェダイ相手に勇敢に戦い、数人を倒したが、真のマンダロリアンは壊滅してしまう。部下を失った彼は銀河共和国に捕まった。奴隷に売り飛ばされた彼は脱出に成功し、コレリアでヴィズラを殺害した。この後、ジャンゴは賞金稼ぎに転身し名を馳せるようになった。

やがて彼はティラナスにクローン・トルーパーを遺伝子を提供するよう依頼される。彼はこの時、遺伝子操作を行わない自分そのものであるクローンの作成を要求した。これがボバ・フェットである。ジャンゴはボバを息子として育て、のちにはボバもマンダロアになる。ジャンゴ自身はジオノーシスメイス・ウィンドゥに殺害された。

マンダロア・ザ・リザレクター

Blue Glass Arrow 詳細はスパーを参照
Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

フェン・シサ

Blue Glass Arrow 詳細はフェン・シサを参照

ボバ・フェット

Blue Glass Arrow 詳細はボバ・フェットを参照

チャーナン・オルド

Blue Glass Arrow 詳細はチャーナン・オルドを参照

ヤガ・オークス

Blue Glass Arrow 詳細はヤガ・オークスを参照

登場作品

  • Tales of the Jedi: The Sith War 1: Edge of the Whirlwind (初登場)
  • Tales of the Jedi: The Sith War 2: The Battle of Coruscant
  • Tales of the Jedi: The Sith War 3: The Trial of Ulic Qel-Droma
  • Tales of the Jedi: The Sith War 4: Jedi Holocaust
  • Tales of the Jedi: The Sith War 5: Brother Against Brother (言及のみ)
  • Tales of the Jedi: The Sith War 6: Dark Lord
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 8: Flashpoint, Part 2
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 10: Flashpoint, Part 3 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 14: Days of Fear, Part 2
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 15: Days of Fear, Part 3
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 19: Daze of Hate, Part 1
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 20: Daze of Hate, Part 2
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 47: Demon, Part 1 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic
  • The Old Republic: Revan
  • Star Wars: Knights of the Old Republic II: The Sith Lords
  • Timeline 3: The Return of the Mandalorians
  • Timeline 4: The Empire Changes Strategy
  • The Old Republic: Fatal Alliance (言及のみ)
  • Star Wars: The Old Republic
  • Prototypes (言及のみ)
  • Jango Fett: Open Seasons 1
  • Jango Fett: Open Seasons 2
  • Jango Fett: Open Seasons 3
  • Jango Fett: Open Seasons 4
  • スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット (Jango Fett: Open Seasonsの再録)
  • Republic Commando: Triple Zero (言及のみ)
  • The Clone Wars: Darth Maul: Shadow Conspiracy
  • TCW mini logo クローン・ウォーズ悪の同盟
  • TCW mini logo クローン・ウォーズ仕組まれた救世主
  • Order 66: A Republic Commando Novel (言及のみ)
  • Imperial Commando: 501st
  • Star Wars: Empire at War: Forces of Corruption (言及のみ)
  • Star Wars: Jedi Knight: Dark Forces II
  • Luke Skywalker and the Shadows of Mindor
  • Boba Fett: A Practical Man
  • Legacy of the Force: Bloodlines
  • Legacy of the Force: Sacrifice
  • Legacy of the Force: Revelation
  • Legacy of the Force: Invincible
  • Star Wars: Legacy 41: Rogue's End

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
マンダロア
歴代マンダロア
1世 (7000 BBY頃) · ザ・コンクェラー (7000 BBY以降~3996 BBY以前)
ジ・インドミタブル (~3996 BBY) · ジ・アルティメット (39963960 BBY) · 名称不明 (3957 BBY頃)
ザ・プリザーヴァー (3954 BBY~) · ザ・レッサー (3667 BBY~) · ザ・ヴィンディケイテッド (~3653 BBY)
アング・カスプ (1500 BBY頃) · ザ・ユナイター (1051 BBY) · 名称不明 (~132 BBY頃)
ジャスター・メリール (6052 BBY) · ジャンゴ・フェット (5222 BBY)
ザ・リザレクター (~19 BBY) · フェン・シサ (19 BBY21 ABY) · ボバ・フェット (23 ABY~)
チャーナン・オルド (~127 ABY) · ヤガ・オークス (127 ABY~)
年代不明
ザ・デストロイヤー · ザ・バインダー · ザ・ハンマーボーン
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。