FANDOM


この記事は惑星を扱っています。 あなたが探しているのは称号かもしれません。
「マスター・ケノービ、マンダロアに吹き荒れた暴力の嵐は過去のものです。戦士たちはすべてコンコーディアの月に逃れ、いまや死に絶えて久しい」
―アルメク首相[出典]

マンダロア(Mandalore)はアウター・リム・テリトリーマンダロア宙域に属した惑星。かつてジェダイと敵対し、旧共和国の没落時にジェダイ・テンプルを略奪したことで知られる戦闘民族マンダロリアン母星だった。特徴的な装甲服を身につけたマンダロリアン戦士団は、銀河系各地で恐れられる存在だった。マンダロアは長年に及ぶ戦争で荒廃し、居住に適さない砂漠の惑星になった。銀河共和国時代の後期、マンダロリアンは有害な環境から保護されたドーム型都市の中で生活するようになっていた。

クローン戦争期、伝統的な戦士文化を否定するサティーン・クライズ女公爵の平和主義政府新マンダロリアンがマンダロアを支配し、惑星の中立を宣言した。しかし、衛星コンコーディアに追放されていた戦士文化がデス・ウォッチという派閥となって再台頭し、クライズの政権を脅かした。プレ・ヴィズラ率いるデス・ウォッチはテロ行為を繰り返し、クライズの暗殺を試みたが失敗に終わった。彼らは最終的にシス卿ダース・モールシャドウ・コレクティヴと手を結び、マンダロリアンの世論を煽ってクーデターに成功した。クライズが失脚した後、モールはヴィズラを決闘で破り、マンダロアの支配者の座を強奪する。新しい指導者の支持者と反体制派の間に内戦が勃発したが、モールはダース・シディアスに敗北してマンダロアの支配権を失った。

その後、アソーカ・タノらが参加した銀河共和国によるマンダロア包囲戦が行われた。マンダロアは共和国に征服され、クローン戦争が終わった後は新たに誕生した銀河帝国の支配下に入った。

特徴

銀河系アウター・リム・テリトリーマンダロア宙域マンダロア星系に属すマンダロアは、砂漠地帯が広がる惑星だった。マンダロアはコンコーディアという名の衛星を持っていた。惑星の住民はマンダロリアンと呼ばれ、砂漠にバイオ=キューブバイオ=ドームを築いてその中で生活した。都市のドームは戦争で荒廃した環境から惑星の住民を保護していた。銀河共和国末期、ドーム型都市サンダーリがマンダロアの首都になった。

歴史

初期

戦争と退廃

「このライトセーバーは旧共和国が滅びた際に我が先祖がジェダイ・テンプルから盗んだ物だ」
―プレ・ヴィズラ[出典]
AlmecReinstatementSpeech-SoR

マンダロアの首都サンダーリの演壇にはジェダイと戦うクルセイダーの壁画があった

古代、マンダロリアン・クルセイダーと呼ばれる初期のマンダロリアン戦士団が数多くの戦争を行った。彼らはジェダイ・オーダーを相手に戦うことが多く、旧共和国が滅びた時に惑星コルサントジェダイ・テンプルを略奪してダークセーバーを盗んだ。それから約1,000の時を経て、この武器はデス・ウォッチの指導者プレ・ヴィズラの手に渡った。何世紀にも及ぶ戦争の末、かつては美しかった惑星マンダロアの地表は終わりのない砂漠へと変り果てた。このできごとをきっかけに多くのマンダロリアンが暴力に背を向け、平和主義を掲げる新マンダロリアンが台頭することになった。彼らは荒廃した環境から身を守るためバイオ=キューブの都市を建造し、平和な暮らしを送った。戦士の生き残りはマンダロアの衛星コンコーディアへ追放され、やがてこの月で死に絶えたと考えられるようになった。

マンダロア内戦

「私がまだ若いころ、マスター・クワイ=ガンと一緒にマンダロアに滞在し、領土を脅かす反乱者から公爵を守った。敵は賞金稼ぎを雇い、私らを狩り立てた。毎日毎日が生き延びるだけで必死だった」
―オビ=ワン・ケノービ[出典]

トレード・フェデレーションによるナブー侵略事件以前、ジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンとそのパダワンであるオビ=ワン・ケノービ内戦真っただ中のマンダロアへ派遣され、サティーン・クライズ女公爵の身を守った。ジェダイとクライズは賞金稼ぎたちに追跡され、常に逃げ回らなければならなかった。この事件のあいだに、ケノービとクライズはロマンチックな間柄になった。マンダロアの内戦は惑星の人口の大部分を犠牲にした。内戦が終結した後、ジンとケノービは別の任務を割り当てられたため、若き女公爵はジェダイの助け無しにマンダロアの再建に取りかかることになった。

クローン戦争

中立の惑星

Memorial Shrine bombing

マンダロアの爆破テロ

マンダロアはクローン戦争で中立を維持し、銀河共和国にも独立星系連合にも与さないと誓った。そんな中、戦士文化の復活を望むデス・ウォッチと呼ばれる派閥が台頭し、コンコーディアのプレ・ヴィズラ総督の指揮のもと、マンダロアの征服を画策した。彼らはドゥークー伯爵の分離主義勢力と手を組んでいた。首都サンダーリにある平和公園記念館で爆破事件が起きた後、クライズ女公爵とジェダイ・マスター・オビ=ワン・ケノービは調査のためコンコーディアへ出向いた。彼女たちはデス・ウォッチの秘密を突き止め、ヴィズラ総督が組織の指導者であることを知った。ふたりは何とか攻撃を生き延び、マンダロアへ戻った。

マンダロアの未来と安全を憂慮し、クライズは共和国に申し立てを行うため中立星系評議会の代表者たちと共にコルサントへ向かった。航行中、分離主義勢力の部隊による攻撃が行われ、カレヴァラタル・メリク元老院議員がクライズの命を狙ったが、ケノービとジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーが彼女を救った。

コルサントに到着した後もデス・ウォッチによる暗殺未遂事件が起き、独立星系連合が攻撃に関与していることが判ったため、クライズの中立の立場も複雑になった。元老院ではデス・ウォッチの脅威が話し合われ、共和国がマンダロアの内政に干渉するべきだという意見が出ていた。クライズはケノービの助けを借りてデス・ウォッチの陰謀を暴き、マンダロアを共和国の侵攻から救った。

闇市場の陰謀

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

クーデター

Epguide515

マンダロアの支配者となったヴィズラ

戦争中、デス・ウォッチはシス卿ダース・モールが組織した犯罪同盟シャドウ・コレクティヴと手を結び、再びマンダロアの占領を試みた。コレクティヴのメンバーであるブラック・サンパイク・シンジケートハット・クラン、モールの弟子サヴァージ・オプレスらはサンダーリで破壊行為を繰り返し、サティーン・クライズ女公爵の政権を揺るがした。コレクティヴと裏で繋がっていることを隠し、プレ・ヴィズラ率いるデス・ウォッチは救世主として惑星マンダロアに戻ってきた。新マンダロリアン政権がテロ行為を止められないことに苛立っていたマンダロリアンの民衆は、デス・ウォッチを歓迎した。

マンダロアの人びとはシャドウ・コレクティヴがデス・ウォッチに敗れる芝居に騙された。デス・ウォッチはモールやオプレスを捕まえ、マンダロアは脅威から救われたと宣言した。クライズ女公爵は失脚し、サンダーリの刑務所に収監された。ヴィズラは惑星の新しい首相となり、伝統的なマンダロアの称号を手に入れる。しかし、ヴィズラの統治は長続きしなかった。彼はモールとオプレスを裏切って刑務所に入れたが、彼らはアルメク元首相を味方につけて脱獄し、サンダーリ宮殿に攻め入った。モールはマンダロリアンの指導者の座を巡る決闘に勝利し、ヴィズラを殺害した。モールに忠実なデス・ウォッチのメンバーはマンダロリアン・スーパー・コマンドーとして新しい指導者に仕えたが、ボ=カターン・クライズナイト・アウルは組織から離反した。

Epguide516

サンダーリの内戦

その後、サティーン・クライズはボ=カターンやコーキー・クライズの助けを借りて脱獄したが、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービにメッセージを送った直後、スーパー・コマンドーによって再逮捕された。ケノービに恨みがあったダース・モールは、クライズが彼の友人であることを知り、復讐の道具に使うことに決めた。マンダロアが中立惑星であることからジェダイや共和国は援軍を派遣することができず、ケノービはひとりでクライズの救出にやってきた。ケノービはクライズを脱獄させ、サンダーリから逃げ出そうとしたが、彼の乗って来た貨物船<トワイライト>はマンダロリアンに撃墜された。ケノービとクライズは捕えられ、サンダーリの宮殿へ連行された。モールはケノービが見ている前で女公爵を殺害し、復讐計画の一部を成就する。その後、ケノービは牢獄へ連れて行かれる途中にボ=カターン率いる反体制派のデス・ウォッチに救出された。ナイト・アウルとスーパー・コマンドーは内戦を開始し、サンダーリの戦いが勃発した。ケノービはボ=カターンらに助けられマンダロアから逃げ去っていった。

内戦のさなか、シスの暗黒卿ダース・シディアスがマンダロアに到着した。彼はシス2人の掟に従い、邪魔者であるかつての弟子ダース・モールとサヴァージ・オプレスを排除するためにやって来たのである。シディアスは宮殿で行われた対決でオプレスを殺害し、モールを破って生け捕りにした。スティジョン・プライムスパイア刑務所に連れ去られた後、モールはアルメク首相が派遣したスーパー・コマンドーに救出されたが、最後はダソミアでシディアスに敗北した。こうしてダース・モールによるマンダロアの統治に終止符が打たれた。

占領

クローン戦争中、共和国によるマンダロアの包囲が行われた。クローン・トルーパー・キャプテンレックスや元ジェダイ・パダワンのアソーカ・タノらが参加したこの戦いの結果、マンダロアはクローン戦争が終結するまで共和国の占領下に置かれることになった。

帝国時代

クローン戦争終結後、マンダロアは新たに誕生した銀河帝国によって統治された。帝国はこの惑星にアカデミーを設置し、士官候補生たちを訓練した。

住民

Blue Glass Arrow 詳細はマンダロリアンを参照
DeathWatch-SWE

デス・ウォッチのマンダロリアン戦士

惑星マンダロアにはマンダロリアンと呼ばれる人間の民族が住んでいた。銀河共和国が生まれる前、“旧共和国”が銀河系を統治した時代、マンダロリアン・クルセイダーと呼ばれる戦闘民族が氏族単位で生活を送っていた。彼らには厳しい名誉の戒律が存在したが、中には傭兵として活動する者もいた。惑星マンダロアの地表を荒廃させた長い戦争が終わった後、暴力の歴史に終止符を打つことを望む新マンダロリアン派閥が誕生した。伝統主義者と平和主義者の間で内戦が行われた結果、前者はマンダロアの月コンコーディアに追放されることになった。惑星の住民のほとんどはこの内戦の犠牲となった。マンダロリアンの戦士はコンコーディアで死に絶えたと信じられるようになったが、のちにデス・ウォッチとして復活する。

政府

クローン戦争中のほとんどの期間、サティーン・クライズ女公爵の新マンダロリアンがマンダロアを支配した。デス・ウォッチによるクーデターが行われた際、クライズは逮捕されプレ・ヴィズラが惑星の首相になった。しかしヴィズラはすぐにダース・モールに殺害され、モールの操り人形であるアルメクが首相になった。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。