FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

マレイ=ディー[1](Malé-Dee)はクローン戦争の時代の銀河共和国元老院議員ウイターを代表した人間男性

経歴

マレイ=ディーはウイターの州、ヴィスディックの出身である。彼は元老院でこの故郷の衣装に身を包んでいた。また、彼のヘアスタイルは共和国における平和を祈願したものだった。

彼はクローン戦争終結の1年前に暗殺された議員、レクシー・ディオの後継者である。マーレイ=ディーが選出されたとき、彼は前任者のような遠慮ない発言をしない人物だという評価を得ていた。だが、彼は最高議長パルパティーンに懸念を表明する2000人の請願書に名を連ねており、この評価はどうやら正しくなかったと言える。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ キャラクター&クリーチャー完全保存版ではマーレイ=ディーとされている。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 表記は小説版『シスの復讐』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki