FANDOM


マラ・ジェイド・スカイウォーカー[9](Mara Jade Skywalker)はニュー・ジェダイ・オーダージェダイ・マスターで、ジェダイ・ハイ・カウンシルのメンバー。人間の女性。その人生において、皇帝の手や密輸業者などの経歴を歩んだ。皇帝の手だった時代、マラは皇帝の命令に従い、若き女性の身でありながら冷酷な技術をもって暗殺を行った。対象は反乱軍銀河帝国の不正役人である。パルパティーンが死んだとき、マラは彼からルーク・スカイウォーカー殺害の指令を受けた。だが、師を失ったマラは放浪を始め、やがて密輸業者タロン・カードの一団に加わる。彼女はカードの最高の密輸業者兼補佐役になった。スローン大提督の侵攻の際、彼女はやむをえずスカイウォーカーとともに活動した。そして、不承不承ながら彼に敬意を抱くようになる。その後数年間カードのもとで働き、19 ABY、彼女とスカイウォーカーは恋に落ちて結婚する。

マラはさまざまな分野に精通していた。彼女はよいパイロットであり、機械にも強く、フォースを使わなくてもブラスターや接近戦の腕前は確かなものだった。また、彼女の冷静な振る舞いと迅速な判断力は危険な状況を脱して生き残るのに大きな助けとなった。パルパティーンの暗殺者として、彼女はフォースの訓練だけでなくさまざまな分野の専門家から最高の訓練を受けていたのである。何年かあと、彼女はルーク・スカイウォーカーからジェダイの訓練を受けることになる。

ルークとの結婚後、マラはニュー・ジェダイ・オーダーに人生をささげることに成る。彼女は修行を積みジェダイ・マスターになったが、ユージャン・ヴォング戦争の直前にクーム・スポアによる致命的な病気を患った。病気の進行をフォースで遅らせ、完全に病から脱したのは26 ABYに息子のベンを生んだ後のことだった。マスターになったあと、マラはジェイナ・ソロが見習いからジェダイ・ナイトになるまで彼女の訓練を受け持った。この頃、マラはジェダイたちのユージャン・ヴォングとの戦いに加わり、最高大君主シムラ・ジャマーンの破滅に尽力する。また、マラはダーク・ネスト危機とそれに続くスウォーム戦争の間も活躍した。彼女はレイナー・スールキリックのたくらみを阻止するべく戦う。第二次銀河内戦で、夫の傍らジェダイ・マスターとして活動してきたマラだったが、戦争中においのジェイセン・ソロに殺されてしまった。彼女は最期に、ジェイセンがシスであり、同時に彼女の家族やジェダイ・オーダー、そして銀河系全体の脅威であることを悟ったのだった。

経歴

生い立ち(17 BBY4 ABY

マラ・ジェイドは皇帝パルパティーンダース・ヴェイダージェダイ・オーダーの残党狩りを行っていた頃の、17 BBYに誕生した[1] が、その出生地は知られていない。皇帝パルパティーンはマラがまだとても幼い時期に、彼女を両親から奪ってコルサントに連れ帰ってきた。マラは公式には帝国の宮殿のダンサーという設定にされたが、裏ではフォースの訓練を受け始める。マラは両親が彼女を引き渡すのを嫌がったこと以外に、幼少期について覚えていることはあまりなかった。そして彼女は運命を皇帝と共にするという考えを刷り込まれていった。彼女のマスターはフォースの道をマラに教え、彼女を帝国のエージェントに仕立て上げる。[5] 多くの皇帝の謁見者たちは、マラが単なるダンサー、あるいはパルパティーンの側室の一人だと信じて疑わなかった。[6]

皇帝の手

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

彼女は14歳になるまでに熟達した隠密スパイや暗殺のスキルを身につけていた。彼女は自らそのスキルを高めるため、ターキン総督の邸宅に正式な客を装って部屋に入り込み、ターキンの秘密書類などが入った金庫を盗んだ。彼女はその時点で警備員に見つかったが、ブラスターとライトセーバーで見事にそれらを退ける。彼女は単に彼らをノックアウトしたのではなく喜んでその警備員たちを殺していた。そんなベイダーとパルパティーン皇帝は彼女のスキルに満足していた。

だが、彼女は自分自身が数ある「皇帝に手」の一つであることに気づいていなかった。彼女はフォースと深いつながりがあるため、テレパシーを通じて銀河のどこでもパルパティーンの声を聞くことが出来た。

彼女は皇帝の思い描く意思を受け継ぎ実施していった。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 出典:Jedi vs. Sith: The Essential Guide to the Force
  2. 2.0 2.1 2.2 出典:Sacrifice
  3. 3.0 3.1 3.2 出典:The Essential Guide to Characters
  4. Databank title Mara Jade Skywalker - Databank
  5. 5.0 5.1 5.2 出典:The Official Star Wars Fact File
  6. 6.00 6.01 6.02 6.03 6.04 6.05 6.06 6.07 6.08 6.09 6.10 6.11 6.12 出典:The New Essential Guide to Characters
  7. 出典:運命の道
  8. 出典:Retreat from Coruscant
  9. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。