FANDOM


マラステア(Malastare)はミッド・リムダスティグ宙域マラステア星系に属す森林惑星である。ハイディアン・ウェイ沿いに位置した。マラステアはダグ種族母星だったが、ナブー危機の時代、移住民であるグラン種族のエインリー・ティーム元老院議員銀河共和国元老院で惑星代表を務めていた。性のあるマラステリアン燃料はマラステアでしか採取することができず、この惑星は戦時下において戦略的要地となった。クローン戦争中、共和国と独立星系連合はマラステアで戦いを繰り広げた。この戦闘のさなか、絶滅したと思われていた惑星固有種ジロ・ビーストの最後の1匹が眠りから目を覚ましたが、共和国軍によって倒され、研究のためコルサントへ移送された。その後、共和国はダグ評議会燃料供給に関する協定を結ぶ。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版