FANDOM


「シスの礼拝の場だ。シス以外の者には破壊の源。この中に秘密がある」
モール[出典]

マラコア・シス・テンプル(Malachor Sith temple)は惑星マラコアに建てられていたシス寺院。古代の超兵器が建物に組み込まれていた。帝国時代、超兵器の力や知識を求める元シス卿モールジェダイの生存者、尋問官たちがこの寺院に集まった。

歴史

「我が弟子がこの寺院に命を吹き込む。そしてこの場所は俺の戦いの拠点となる。ここを本拠地として、我が敵をすべて滅ぼし、積年の恨みを晴らしてやる!」
―モール[出典]

銀河帝国創設の数千前、シスは荒れ果てた惑星マラコアの地表にピラミッド型の寺院を建造した。あるシス卿の命令のもと、生命を破壊する力を持つ超兵器が寺院の頂上部に設置された。シスの計画を知ったジェダイは寺院への攻撃を開始したが、戦いに参加していた全ての者が超兵器に命を奪われ、死んだ姿のまま石化した。この事件は「マラコアの大戦乱」として後世に伝わった。

帝国時代、元シス卿のナイトブラザーモールダース・ヴェイダーを倒す術を求めて寺院を訪れたが、宇宙船の墜落で惑星から出れなくなってしまった。ヤヴィンの戦いの3年前、ジェダイ・ナイトケイナン・ジャラス、そのパダワンエズラ・ブリッジャー、元ジェダイのアソーカ・タノが寺院を訪れた。モール捜索を命じられた尋問官たちもこの惑星に集まり、寺院の力を解き放つシス・ホロクロンを巡って戦いが始まった。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。