FANDOM


「ここで何があったの?」
「何千年も昔、ジェダイの騎士がこの寺院を襲ったのよ」
「それでジェダイが勝ったんだよね?」
「いいえ。おそらくは痛み分けね」
エズラ・ブリッジャーアソーカ・タノ[出典]

マラコアの大戦乱(Great Scourge of Malachor)は惑星マラコアで発生したジェダイ・オーダーシスの戦い。ジェダイ・ナイトがマラコアのシス・テンプルを攻撃した。マラコアの寺院は生命を破壊する力を持つ超兵器バトル・ステーションでもあった。戦いの犠牲となった参加者たちは石に変り果て、大戦乱の何千年後もマラコアの地表に取り残された。

歴史

銀河内戦の数千前、ジェダイ・オーダージェダイ・ナイト惑星マラコアにあるシス・テンプルを攻撃した。戦いが終わった時、参加者の死体は石となってテンプルの外に散乱し、クロスガード・ライトセーバー等の武器や防具類が戦場跡に取り残された。マラコアの惨事はジェダイの伝説となって何千年も語り継がれた。

Great Scourge of Malachor aftermath

マラコアの大戦乱の跡地

ヤヴィンの戦いの3年前、ジェダイ・ナイトのケイナン・ジャラス、そのパダワンエズラ・ブリッジャー、元ジェダイのアソーカ・タノがマラコアを訪れ、大戦乱の残骸を目にした。タノはマラコアで行われた戦いに関し、ジェダイから教わった伝承をブリッジャーに説明した。ブリッジャーはジェダイが戦いに勝ったのかと尋ねたが、タノは勝者などいなかったと答えた。また、ブリッジャーは戦場跡地で緑色のブレードのクロスガード・ライトセーバーを発見した。

制作の舞台裏

マラコアの大戦乱は2015年発売の設定資料集『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビジュアル・ディクショナリー』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて言及され、カイロ・レンのライトセーバーに関する記述の中で、数千年前の事件として紹介された。2016年に放送された『スター・ウォーズ 反乱者たちシーズン2では惑星マラコアが舞台となった。その後、ヒダルゴはTwitter上で『ビジュアル・ディクショナリー』と『反乱者たち』の設定上の関連を認める発言をした。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。