FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「マラコアはジェダイの禁断の地だ」
ケイナン・ジャラス[出典]

マラコア(Malachor)は暗い岩肌の地表が広がる、謎に包まれた惑星ファースト・オーダー=レジスタンス紛争の数千前、この惑星で“マラコアの大戦乱”が発生した。帝国時代ジェダイの生存者ケイナン・ジャラスアソーカ・タノエズラ・ブリッジャージェダイ・マスターヨーダの助言に従ってマラコアを訪れた。

歴史

古代

「伝説には常に真実が潜んでいるものよ」
アソーカ・タノ[出典]

古代シスは惑星マラコアの地表に巨大なシス・テンプルを建造した。ファースト・オーダーレジスタンス紛争の数千前、この惑星でマラコアの大戦乱が発生し、シスとジェダイ・オーダーが戦いを繰り広げた。マラコアの荒涼とした地表はジェダイによる全面攻撃にさらされた。この戦いの後、マラコアはジェダイにとって禁断の惑星になった。マラコアの地表で起きた出来事は後世に語り継がれ、多くの伝説を生みだした。戦いから数世紀もの歳月が流れた後も、惑星には戦いの残骸が転がっていた。

マラコアの大虐殺の時代、クロスガード型のライトセーバーが使用されていた。数千年後、ダークサイドの戦士カイロ・レンは古代の設計に影響を受けて自身のライトセーバーを作成した。

大戦乱以降

「マラコアって誰?」
「マラコアは人じゃないわ。場所の名前」
エズラ・ブリッジャーアソーカ・タノ[出典]

クローン戦争期、一部の銀河市民はマラコアという名詞を俗語的な感情表現の中で使用していた。銀河共和国ミーバー・ガスコン大佐は、ドロイドD分隊と共に虚無の惑星アバファーから脱出する手段を考えていた時、分離主義勢力の離着陸場を襲撃するのは「No way in Malachor」(自殺行為)だと発言した。[1] 銀河帝国時代密輸業者ランド・カルリジアンと共に活動していた頃、ブロークン・ホーン・シンジケートを率いる犯罪王シカトロ・ヴィザーゴはマラコアを悪口として使っていた。

シス・テンプルの戦い

Blue Glass Arrow 詳細はマラコアの任務を参照
「ここには知識を求めて来たと言ったけど、どういう知識なの?」
「禁じられた知識。敵を倒すためには知っておく必要がある」
「シスを理解しようとするなら最適の場所だ」
エズラ・ブリッジャーアソーカ・タノケイナン・ジャラス[出典]

初期反乱運動の時代、3人の反乱者(ジェダイのケイナン・ジャラスエズラ・ブリッジャー、元ジェダイのコマンダーアソーカ・タノ)が惑星ロザルジェダイ・テンプルを訪れ、シス卿ダース・ヴェイダー尋問官を倒す術を求めた。フォース・ヴィジョンの中に姿を現したジェダイ・マスターヨーダは、戦いを続けるつもりならマラコアを探せと助言した。一方、クローン戦争を生き延びた元シス卿モールもマラコアを訪れていた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 出典:TCW mini logo クローン・ウォーズ生きていた兵士(補足:英語では「No way in hell」が強い否定を表すスラングとなる。「No way in Malachor」はHellをマラコアに置き換えた表現と思われる)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。