FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

マホーニック[2](Mawhonic)はグランの男性で、ポッドレーサーパイロット。彼はギャラクティック・パワー・エンジニアリング社のレーサーGPE-3130に乗った。

経歴

Mahonic-racer

ポッドレーサーに乗るマホーニック

マホーニックはポッドレースのパイロットだったが、ポッドレーサー部品のディーラーでもあった。その姿はマホーニックのR2シリーズ・アストロメク・ドロイドが頻繁にレーサーのために動き回る彼の店で、しばしば目にすることが出来た。彼はハットの通貨で部品を販売するか、あるいは部品を交換することには同意したが、共和国のクレジットでの取引は拒否していた。

マホーニックはガスガノらと同様、レーサーのセブルバが自分のキャリアに対する正真正銘の脅威だと見なしていた数少ないレーサーのひとりである。マホーニックのセブルバへの嫌悪には、セブルバの種族ダグが自分の種族グランと同じ惑星マラステア出身で、彼らの支配下に置かれていた種だという事実も重なっていたようだ。マホーニックはセブルバが近くにいると悪質な男になってしまうが、普段の彼は気立てのいい性格だった。

マホーニックとガスガノがセブルバを相手にレースをするとき、このダグを一緒に脱落させるチャンスが巡ってきた場合には、ふたりの間には暗黙の了解で同盟のような関係が出来上がった。しかし、彼とガスガノはそれ以外のときにはなんら関係を持っておらず、それぞれの存在を嫌いあっていたのだ。タトゥイーンで開催されたブーンタ・イヴ・クラシックで、マホーニックのポッドレーサーはマッシュルーム・メサを通り抜けていたとき、セブルバの幅寄せで破壊されてしまった。

レースのすぐ後、マホーニックはセブルバとその一族に対する憎しみを表した。彼は不正行為を働いていたセブルバの親族の少なくとも2人に賞金をかける。ジジュルバネブルバにかけられた賞金はマラステアを訪れたバウンティ・ハンタージャンゴ・フェットが獲得するが、この2人が殺害されたのか生け捕りにされたのかは分かっていない。

マホーニックはブーンタの後にマラステアのヴィンタ・ハーヴェスト・クラシックに参加し、悪くない結果を出した。セブルバはこのレーサーがタトゥイーンで墜落したマホーニックであるはずがないと考え、彼が名を詐称していると主張したが、あらゆる証拠がこのレーサーが本物のマホーニックであることを示していた。ブーンタ・イヴに死んだはずのマホーニックがここにいるのは、そもそもブーンタに本物のマホーニックが出場していなかったからだといった噂話が立つが、この説の真偽は未確認のままである。その後、セブルバは本物のマホーニックのレーサーを破壊し、彼を殺害した。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki