FANDOM


マノアII[1](Monor II)は、ミッド・リムドールデュア宙域マノア星系に属した惑星クラインズ・コロニー(Kline's Colony)とも。い肌のエイリアン種族サネシ出身惑星

特徴

惑星マノアIIの大気圏は、きらめく絹雲が何層にも重なっていることで有名だった。人間をはじめとする種族は、マノアIIでは呼吸マスクを必要とした。[2]

歴史

0 BBYヤヴィンの戦いの直後、レジスタンス・グループの指導者ウナ・プートは、シルヴァー・ステーションの基地からマノアIIにいる反乱同盟軍ブラスター・カービンを運ぶ計画を立てていた。[3]

マノアIIは、サネシの司祭プリンスによって統治された。24 ABYオガポウス10世が新しい司祭プリンスになり、戴冠式が催された。サネシはこの式典に、外部から大勢の外交官をマノアIIに招く。コルサントの外交官に対する脅迫事件が起きたため、ジェダイマラ・ジェイド・スカイウォーカーもボディガードとしてマノアIIに同行した。ユージャン・ヴォングノム・アノアは、式典の前に惑星で必要とされる呼吸マスクにクーム・スポアを塗り、外交官の多くを感染させた。マラ・ジェイドは生き延びたが、多くの外交官が発病した末命を落とした。[2]

制作の舞台裏

Sunesi

マノアII出身のエイリアン種族、サネシ

スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』ではモノアとされている。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki