FANDOM


マッシュルーム・メサ(Mushroom Mesa)は惑星タトゥイーン都市モス・エスパの近くにあったメサの密集地帯である。ブーンタ・イヴ・クラシックと呼ばれるポッドレース・サーキットの一部だった。迷信深い人々のあいだでは、マッシュルーム・メサの岩の中にヒューマノイドの顔が見えると信じられており、一部のベテラン・ポッドレーサーも見る角度によって岩々が“表情”を変えると考えていた。32 BBYブーンタ・イヴのレースで、グランマホーニックセブルバの悪質な走行妨害に遭ってマッシュルーム・メサでリタイアする。

特徴編集

マッシュルーム・メサはタトゥイーン北部デューン・シーの端、モス・エスパの近くに存在したメサ密集地帯である。キノコのような形の巨大な岩山が林立しており、タトゥイーンの砂漠の荒野で見られる最も驚嘆すべき光景の1つだった。マッシュルーム・メサはエーブ・クレーター・ヴァレーウォルドー・フラッツに挟まれており、ベンズ・メサと呼ばれる山の端に位置した。

歴史編集

マッシュルーム・メサの岩の中にはヒューマノイドの顔が見えると信じられていたが、風のいたずらで岩が顔の形に侵食されたのか、エイリアンの手で彫刻が施されたのか、本当のところを知る誰1人いなかった。また、マッシュルーム・メサには原住民タスケン・レイダーの秘密が隠されているのではないかと信じる者もおり、実際にタスケンは呪いを恐れてこの地を避けていた。しかし後世の入植者たちはそれほど迷信深くもなく、マッシュルーム・メサをポッドレースのコースとして利用するようになった。

32 BBYブーンタ・イヴ・クラシックで、グランポッドレーサーパイロットマホーニックセブルバの妨害に遭ってマッシュルーム・メサの岩山に激突し、この大会最初の脱落者(スタートを切ることができなかったベン・クワディナロスを除けば)となった。

ブーンタ・イヴ・クラシックに参加したアナキン・スカイウォーカーの息子ルークは、若い頃にT-16スカイホッパーに乗ってマッシュルーム・メサを飛行した。

登場エピソード編集

参考資料編集

他言語版