FANDOM


マックス・ライコ(Max Ryko)は人間男性で、銀河共和国の末期にコルサント警察共和国治安維持隊に所属していた。彼は警察官でありながら、元老院議員の個人的な情報を入手し、それを公表すると恐喝していた。そのため、匿名の人物が彼の首に賞金を懸けていた。ナブーの侵略の後、賞金稼ぎジャンゴ・フェットがこの賞金を手に入れた。

制作の舞台裏

このキャラクターはビデオゲーム『スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット』の第2章、コルサントのアッパーシティに登場する。プレイヤーはこのキャラクターを生け捕りにすると3,000クレジット、殺害すると1,500クレジットを手に入れることができる。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki