FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「われわれはもうジェダイのことは語らないのだ、総督」
ウィルハフ・ターキンに対し、マス・アミダ[出典]

マス・アミダ(Mas Amedda)は男性シャグリアンで、銀河共和国末期の元老院副議長である。ナブーの侵略の時代にはフィニス・ヴァローラム最高議長を、分離主義運動クローン戦争の時代にはシーヴ・パルパティーン最高議長を補佐した。彼はしばしば元老院議員たちの論争を大声で制止していた。パルパティーンが銀河帝国設立した後も、アミダは以前と同じ補佐官として銀河皇帝に仕え続けた。やがてアミダはパルパティーンの大宰相になり、帝国ルーリング・カウンシルの長を務めた。

登場エピソード

参考資料