FANDOM


「死んだら、なにももらえないからね」
レイに対し、マシラ[出典]

マシラ(Mashra)はアクアリッシュ女性で、銀河内戦以降の時代にウエスタン・リーチ惑星ジャクーで生活したゴミ漁りである。レイはまだ幼い頃にマシラのもとで働いていたことがあった。他の多くの同業者と違いマシラはレイに優しく接し、ゴミ漁りとしての助言を与えていた。やがてレイは独立したが、成長した後もマシラのことを懐かしく思い、日記に彼女の似顔絵を描いていた。[1]

参考資料

脚注

他言語版