FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「ヴィアーズ将軍、攻撃準備に取りかかれ」
―ダース・ヴェイダー[出典]

マクシミリアン・ヴィアーズ[1](Maximilian Veers)は、惑星デノン出身の人間男性で、帝国地上軍少将である。帝国アカデミーを首席で卒業したヴィアーズは、辺境の惑星カルルーンIIIで起きた事件などで活躍し、あっという間に昇格を果たした。3 ABYダース・ヴェイダー率いるデス・スコードロンに加わっていたヴィアーズは、ホスの戦いに参加した。有能さを買われたヴィアーズは、ヴェイダーから直々に攻撃の指揮権を与えられ、自らAT-ATウォーカーに乗り込んだ。彼は侵略軍と共にホスに降り立ち、ブリザード・フォースを率いてホスエコー基地に対して攻撃を行う。彼の命令のもと、反乱同盟軍のパワー・ジェネレーターが破壊されると、エコー基地を守っていたシールドが消滅し、帝国軍スノートルーパーが基地の制圧を完了した。

ヴィアーズは家庭的な男で、模範的な帝国軍人とみなされていたが、やがて妻がに、息子のゼヴロン・ヴィアーズが反乱同盟に加わると、彼の固い信念は打ち砕かれてしまった。エンドアの戦いのさなか、デス・スコードロンの旗艦エグゼクター>が破壊された際、ヴィアーズは地上の任務に就いていた。帝国がエンドアにおける戦闘で大敗した後、ヴィアーズはやがてスローン大提督に協力し、クローンの遺伝子提供者になった。ビルブリンギの戦いでスローンが死んだ後、ヴィアーズは、復活した銀河皇帝パルパティーンが率いるシャドウ・ハンド作戦に加わった。この紛争で、彼は息子のゼヴロンと敵対することになる。ヴィアーズは第一次モン・カラマリの戦いバルモーラの戦いに参加したが、指揮官のセドリス・QLによって無謀な任務へと送り出され、バルモーラの戦場で命を落とした。

経歴

初期の経歴

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

銀河大戦

ホスの戦い以降

個性と特徴

制作の舞台裏

マクシミリアン・ヴィアーズは『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』に登場したキャラクターである。ジュリアン・グローヴァーが演じた。週刊スター・ウォーズ ファクトファイル: 第31号ではマキシミリアン・ヴィアーズと表記されている。

登場作品

非正史作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはマクシミリアン・ヴィアーズ/レジェンズに関する1枚の画像があります。

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター事典』に基づく。

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。