FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

マクシミリアン・ヴィアーズ(Maximillian Veers)は惑星デノン出身の人間男性で、銀河帝国地上軍に仕えた将軍。銀河内戦中、帝国のために反乱同盟軍と戦った。ヤヴィンの戦いの後、ヴィアーズ将軍はコシュ大尉と協力して元元老院議員ジョハール・ケッセンを捜索した。ヤヴィンの戦いの3年後、ダース・ヴェイダー指揮下のデス小艦隊の艦船に乗り込んでいたヴィアーズは、惑星ホスにあるエコー基地への攻撃を命じられた。彼はAT-ATウォーカー部隊を率いてホスの氷原を進軍し、反乱同盟軍の偏向シールド発生装置を破壊した。彼の活躍により、帝国軍は基地への直接攻撃が可能となった。彼はこの戦いを生き残り、ホスの英雄として知られるようになった。

登場エピソード

参考資料

脚注