FANDOM


マイノック(Mynock)は深宇宙小惑星帯などの真空空間に生息するシリコン系のクリーチャーである。のような翼を持つ寄生生物で、宇宙船のパワー・ケーブルをかじってエネルギーを吸い取った。マイノックは宇宙ナメクジの体内に寄生して生き永らえることもできた。賢明な船長は出港前に船のパワー系統を確認し、マイノックがいないことを確認してから出発するよう心がけていた。

生態と特徴

Mynock

宇宙船にへばりついたマイノック

マイノックはのような翼を持つ寄生生物である。[4] コウモリのような見た目で[3]、平均体長2メートル[2]、肌の色は茶色だった。[1] シリコン系のクリーチャーであるマイノックは真空空間でも生存することができ[3]、深宇宙を飛び回り、小惑星帯で翼を休めた。[4] マイノックは炭素系の生き物と同じように惑星大気中に住み、鳥のように飛び回ることもできたが、惑星に住めるマイノックの種類は限られていた。また、マイノックは真っ二つに切断されても再生することができ、半分になった片割れからそれぞれ新しい体が生えてきた。[3] マイノックはエネルギーを直接捕食し 、スターシップのパワー・ケーブルをかじり、エネルギー・コンダクターを貪った。[4] エクソゴース(宇宙ナメクジ)はマイノックを栄養源の1つにしていたが、ナメクジにまるごと飲み込まれたマイノックは消化される前に体内に寄生して何年も生き延びることができた。[3] マイノックは宇宙ナメクジの湿っぽい内臓に身を潜めながら[4] 体内の食べ物を分かち合った。[2]

スティジョン・プライムに棲息する巨大な飛行クリーチャーで、同じくパイロットたちの嫌われ者である ティビディーはマイノックの遠い親戚だった。

マイノックと文化

マイノックは宇宙船の備蓄エネルギーを吸い取るため、船長たちから嫌われていた。賢明な船長はパワー低下といった寄生生物来襲の予兆を見逃さず、出発前に港でマイノックを退治した。[4]

きちんと料理して味付けすれば、炭素系の生物でもシリコン系のマイノックを食べることが可能だった。プロのマイノック・ハンターはこの空飛ぶ寄生生物に忍び寄って殺し、宇宙ステーションや開拓者たちの食事にしていた。人間種族にとってマイノックの肉は刺激が強くて苦いため、人間は冷蔵庫に他の食料が何もないときにしかマイノックを食さなかった。一方、トワイレック種族はマイノックをスパイシーに調理したマイノック・クラウド・シティマイノック・コロネット・シティといった料理を好んで食べた。[3]

歴史

3 ABYホスの戦いの直後、反乱同盟ハン・ソロチューバッカプリンセスレイア・オーガナらの乗るYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>はホス小惑星帯でマイノックと遭遇した。彼らは銀河帝国宇宙軍の追跡をしのぐため小惑星洞窟と思われる場所に船を隠したが、実はそこは宇宙ナメクジのの中で、ナメクジの体内に住んでいたマイノックの群れが船のエネルギーを吸い取りにやってきたのである。チューバッカがボウキャスターでマイノックを撃った際、外れた弾丸が“壁”に当たって宇宙ナメクジが動き出したため、ソロは自分たちのいる場所が洞窟ではないことに気づいた。[1]

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。