FANDOM


「帝国の刑務所もひでえが、ギルドに捕まったらもっとひでえ所に送られる」
ホンドー・オナカー[出典]

マイニング・ギルド鉱業ギルド(Mining Guild)は銀河系各地で天然資源を収集する採掘事業者たちのネットワークである。彼らは銀河帝国と協力関係にあり、特殊な形状TIE/ln宇宙特化型スターファイターを支給されていた。

概要

帝国時代、マイニング・ギルド(鉱業ギルド)は銀河系の至るところで天然資源の採掘を行っていた。ギルドは銀河帝国と手を結び、改良が施された黄色いペイントの特殊なTIEファイターや兵器類を支給されていた。彼らはとある小惑星帯ガス精製所を設置し、少量で長持ちする燃料クロウゾン36を集めて帝国に提供していた。ユーシンがこの精製所のボスを務め、ローディアンの従業員たちが働いていた。

歴史

「ご存じの通り、我々の事業は小規模だ。おかげで帝国の支配下にも入らずに済んでいる」
「では鉱業ギルドに加わっているのですか?」
ランド・カルリジアンレイア・オーガナ[出典]

ヤヴィンの戦いの3前、<ゴースト>の反乱者たちがクロウゾン36の精製所を襲撃した。マイニング・ギルドはクロウゾン36を呼吸するパーギルを虐げていたが、反乱者たちはこの巨大生物と力を合わせ、ボス・ユーシンやその部下たちを倒した。クロウゾン36のタンクを積み込んだ後、<ゴースト>は帝国の活動を妨害するためガス精製所を破壊して去っていった。

ヤヴィンの戦いの2年前、反乱者たちの乗るVCXシリーズ補助スターファイターファントム>がマイニング・ギルドの領域内にあるセリーダ中継点に姿を現した。ギルド所有のYV-865オーロラ級貨物船とTIEファイターが侵入者を発見して砲撃を開始したが、<ファントム>はTIEを撃墜してハイパースペースへ逃げ去った。

ホスの戦い当時、惑星ベスピンクラウド・シティではティバナ・ガスの採鉱活動が行われていたが、事業が小規模だったためマイニング・ギルドの注意を引くことなく運営されていた。

登場エピソード

Purrgil Asteroid Belt Gas Refinery

小惑星帯ガス精製所

参考資料

他言語版