FANDOM


Atticon.png

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

マイオ[1](Myo)は、アウター・リム・テリトリー砂漠惑星ビィス出身のアビシンである。若い頃、マイオは自分が大胆不敵な戦士であることを証明するため、故郷で行われた3部族のブラッディング(部族の決闘)に参加し、生き残った。マラックという名のローディアン奴隷商人に捕まり、故郷から連れ去られた後、マイオはアビシンの同胞たちとは孤立した人生を歩むことになった。マラックがキヌン・デポットスターシップ燃料補給を行っている間に、マイオは奴隷状態から逃げ出すことに成功する。マイオはビスのミュージシャン、ライリン・カーンと知り合いになり、砂漠の惑星タトゥイーンへと旅した。

マイオはタトゥイーンのモス・アイズリーにあるチャルマンの宇宙港カンティーナの常連客になり、カーンやラック・シヴラックドーラーといった酒飲みたちと親しくなった。ドーラーは、マイオに銀河アウトドア・サバイバル・スクールという就職先を紹介した。この誘いに乗ったマイオは、銀河内戦中の少なくとも2間、砂漠のインストラクターとしてスクールで働いた。このとき、彼が持つアビシン特有の自己再生能力は大いに役立つことになった。

経歴

生い立ち

Wiki-shrinkable.png このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable.png
ウーキーペディアにはマイオに関する1枚の画像があります。

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki