FANDOM


Tonith JT
ポース・トニス
人物の情報
出身

ムウニリンスト

身体の情報
種族

ムウン

性別

男性

身長

2メートル以上

髪の色

なし

目の色

年代と政治的な情報
時代

帝国の勃興時代

所属
「きみは政治家になるべきだったな」
「わたしは銀行家ですよ――銀行家のほうがもっと狡猾です」
ドゥークーとポース・トニス[出典]

ポース・トニス[1](Pors Tonith)はクローン戦争で戦った独立星系連合提督ムウンの男性。プリシトリンの戦いで艦隊を率いるが、敗北する。旗艦は<コーピュレンタス>。

経歴

生い立ち

ポース・トニスは惑星ムウニリンスト出身のムウンの男性ある。彼はインターギャラクティック銀行グループの中でももっとも冷酷な一族の出身である。トニスはその中でも非常に優秀であり、銀行家としてビジネスの敵たちと戦っていた。彼はやがて何世代も続いていた一族のビジネス上のやり口を戦闘技術の分野まで高め、独立星系連合の提督として戦うことになった。

プリシトリンの戦い

トニスはドゥークー伯爵の副官、アサージ・ヴェントレスの指示を受け、惑星プリシトリンの侵略軍を率いる。プリシトリンは一度は分離主義勢力が手に入れた惑星だったが、銀河共和国によって奪回されていた星である。共和国はもしものときはスルイス・ヴァンから援軍を派遣しプリシトリンを防衛しようと考えたが、トニスはそれを阻止するために惑星を戦艦で取り巻き、スルイス宙域からの援軍を妨害する。その後、トニスはプリシトリン防衛軍をおびきよせ、全滅させた。プリシトリンのインターギャラクティック通信センターを占拠したトニスは、レイジャ・モメンがリーダーを務めた職員の捕虜たちのもとへと出向いた。会話中のトニスの言葉にかっとなり、レイジャ・モメンは勇敢にもこのムウンの顔を平手打ちした。トニスは惑星コルサントはおろか、プリシトリンは通信が遮断されているためどこにも通信は届かず、彼女たちの助けはこないという脅し文句を告げ、その場を去っていった。

だが、共和国ではない非正規の軍隊がトニスの軍勢と戦った。キャプテン・ゾーズライダー・スレイクが率いる私軍はフリーダムズ・サンズ・アンド・ドウターズという名称だった。スレイクはパルパティーン最高議長に援軍要請メッセージを送り、自ら圧倒的多数のトニスの軍隊に挑んできた。一方のトニスはドゥークーに援軍を要請したが、こちらの援軍は駆けつけなかった。トニスは自分の指揮に口出しするビワフ技術主任を黙らせ、スレイクの非正規軍への攻撃命令を出す。しかしその後、共和国から派遣されたジェダイネジャー・ハルシオンアナキン・スカイウォーカーが率いるクローン・トルーパーがとニスたちの前に現れた。

トニスは捕虜のモメンをプロパガンダ放送に使用し、彼女の画像を銀河元老院に送ることで、共和国の攻撃を終わらせようとした。しかしこれは逆効果となり、スレイクの軍の士気はより高まっていた。トニスは共和国の命令系統を操作することで、戦場で優勢を獲得しようとした。それでもアナキン・スカイウォーカーは防衛線を破り、捕虜のいるコントロール・ルームへと侵入した。トニスは捕虜を殺すよう命じたことで、窮地に陥る。モメンの死を間近で見たスカイウォーカーがトニスの指令掩蔽壕まで乗り込んできたのである。トニスは降伏したが、スカイウォーカーは怒りに捕われていたため、あと少しで掩蔽豪のムウンたちを皆殺しにするところだった。

個性と特徴

「愛?憎しみ?そういう感情は、わたしにはなんの意味もない」
―ポース・トニス[出典]

ポース・トニスはムウンの男性であり、慎重は2メートル以上あった。彼は一見すると死人のような青白い体と顔をしていた。トニスの指揮していた戦艦で、突然薄暗いところでトニスと出くわしたものはとても驚くことになった。

彼は策略家であり、ドロイド軍を率いることをゲームをする感覚で捕らえていた。彼は戦場を冷静に見るのではなく、敵を滅ぼすことに喜びと意味と崇高な目的を見出していたのである。

ポース・トニスはダイアノーガの脾臓の中にある分泌液から醸造したダイアノーガン・ティーをしばしば飲んでいた。このお茶は色が強く、唇や歯、そして歯茎までを紫から黒色に染めた。トニスはアサージ・ヴェントレスのような人物とホログラムで会話するときや、プリシトリンで敵に降伏するときでさえもこのお茶を飲んでいた。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。