FANDOM


ポラックス38スターファイター[1](Porax 38 starfighter)、P-38スターファイターは、ウータパウンウータパウ・スカイフォースのユニットとして使用した、ハイパードライブを装備した頑丈なスターファイターである。クローン大戦当時、タラバ宙域の防衛を一手に担っていた。一部のモデルは独立星系連合に採用され、ローグ級スターファイターの製造ラインに使用された。

特徴

P-38 2

P-38の側面

ポラックス38スターファイターは、ハイパードライブを装備していたため恒星間航行を行うことが出来た。ハイパースペース・ジャンプが可能という特性を生かし、ポラックス38はウータパウからタラバ宙域の深部に至るまでの領域を防衛していた。また、この巨大スターファイターは高性能長距離センサー・システムによって敵の活動を素早く察知した。この機種は推進装置は噴射角度を変えることが可能で、反応炉システムをふたつ持ち、高容量偏向シールドを備えていた。各方面で高い機能を持つポラックス38は、宇宙艦隊で高い存在価値のある戦闘機だった。

広範囲の恒星間移動領域を持つポラックス38は、同時代に独立星系連合が使用していたヴァルチャー・ドロイド・ファイタードロイド・トライ=ファイター銀河共和国Vウイングイータ2インターセプターよりも長期間、今季を必要とする任務に耐えうることが出来た。

ブーパー・トースキル・アビイ・デバイセズ社によって製造されたポラックス38が必要としたパイロットは1名で、操縦席ではプロテクト用の呼吸マスクトコムリンクを取り付けた。この戦闘機には20日分の空気と燃料、食料を積み込むことが出来た。ポラックス38の主要装備はふたつのレーザー砲である。小さなコックピットには、パウアンが乗り込むことは出来ず、小柄なウータイが操縦席に座った。IG-100マグナガード用に改造されたポラックス38も存在した。

歴史

ポラックス38スターファイターは、ブーパー・トースキル・アビイ・デバイセズ社によって製造された。ウータパウンと呼ばれるふたつの種族、ウータイパウアンは、強力な宇宙軍を持っていなかったが、ポラックス38から成る優秀な宇宙戦闘機部隊を有していた。彼らはウータパウだけでなく、宙域内の別の惑星もポラックス38を使って防衛していた。クローン大戦中、独立星系連合はいくつかのポラックス38を手に入れて改造し、ローグ級スターファイターを製造した。

Air Commodore Senin Vant

P-38に乗るセニン・ヴァント空軍准将

独立星系連合の司令官ゾルガストは、所有するポラックス38を分離主義勢力が活動を行っていたティラーンに置いていた。しかしティラーンの戦いのさなか、彼のポラックス38は共和国によって拿捕された。

クローン大戦の最後のグリーヴァス将軍の分離主義勢力がウータパウに押し寄せた。パウ・シティ宇宙港行政長官ティオン・メイドンは、彼らと戦っても勝ち目はないと考え、ポラックス38スターファイター部隊をひそかに隠すよう命令した。しかし共和国から派遣されたジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービが到着すると、メイドンは惑星の自由を勝ち取るため、パイロットたちを再招集した。

惑星固有の情報と、ポラックス38の先進的なスキャナー・システムにより、ウータパウンは分離主義勢力に対し優位に立った。また、この戦闘機の強力なジャミング装置によって、連合軍のバトル・ドロイド・コントロール信号は効果的に妨害された。ウータパウ・スカイフォースを率いたのは空軍准将セニン・ヴァントであり、彼らはポラックス38で敵のマンクヴィム814軽インターセプター戦いを繰り広げた。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはポラックス38スターファイターに関する3枚の画像があります。

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ クロスセクション完全保存版』に基づく。

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。