FANDOM


BongoAdvancedScout
ボンゴ改良型スカウト
製造に関する情報
製造

ボンゴメケン・コレクティブ

製品ライン

トライバブル・ボンゴ

モデル

ボンゴ改良型スカウト

クラス

フリゲート

コスト

カーボン90ユニット、ノヴァ・クリスタル20ユニット

技術に関する情報
エンジン

プロペラ (1基)

最大潜水深度

潜水可能

装備

ブーマ・ランチャー (1基)

乗組員
その他
役割

改良型フリゲート

使用開始

およそ3,000 BBY

時代
所属

グンガン

ボンゴ改良型スカウト[1](Bongo Advanced Scouts)は、グンガンが使用したトライバブル・ボンゴの一種である。ボンゴ・スカウトの中で最も優れた機種であり、グンガン・グランド・アーミーで改良型フリゲートとして使われていた。

特徴

ボンゴ改良型スカウトはグンガントライバブル・ボンゴの一種であり、潜フリゲートとして使われていた。ブーマ・ランチャーで武装していたこの機種は、バブル状の3つのコックピットが特徴的であり、そのうちふたつは船体の左右に、残るひとつは中央部のエンジン・ブロックに配置されていた。この潜水艇はパイロット砲手をそれぞれ1名必要とした。ボンゴ改良型スカウトはプロペラで進み、1機ごとに90ユニットのカーボンと20ユニットのノヴァ・クリスタルというコストがかかった。

歴史

ボンゴ改良型スカウトは、グンガン部族戦争の時代の3,000 BBYごろ、ボンゴメケン・コレクティブによって製造された。それからおよそ3,000経った後も、グンガンはこの機種を使い続けており、32 BBYトレード・フェデレーション惑星ナブー侵略した際に抵抗運動に使われた。改良型スカウトの3機は、ナブー沼地の戦いの戦場からグンガンの聖地へとボスルーガー・ナス護送するために使用された。この3機は、トレード・フェデレーションのフリゲート艦や敵対するクリーチャーと交戦した。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki