FANDOM


正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

ボム・ヴィムディン[1](Bom Vimdin)は銀河内戦の時代のアドヴォーゼ密輸業者で、傭兵。悲観的な世捨て人で、自分以外の誰にも忠誠心を持っていなかった。また、自分のクレジットの収入だけを気にかけていた。0 BBY、ヴィムディンは特にそこが好きだったわけではないが、タトゥイーンモス・アイズリーにあったチャルマンの宇宙港カンティーナの常連客だった。ヴィムディンは不正な汚職官僚の手先として働き、その仕事は新共和国の時代に繁盛していた。

ボム・ヴィムディンは新共和国の領土から敗走する銀河帝国へと物資を輸送することで利益を上げた。この仕事でヴィムディンは一度ならず引き止められて逮捕されているが、彼に忠実なスパイ・ネットワークによって解放されてきた。ヴィムディンの仕事は、新共和国にとっての脅威だと考えられるようになる。やがてヴィムディンの名前は、新共和国のセキュリティ・チーフ、エイレン・クラッケンの最重要指名手配リストに加えられた。ヴィムディンは他の企業を避け、個人で活動したもののそれなりの成功を挙げており、人生の大部分は裕福な生活を送っていた。

制作の舞台裏

『Ultimate Alien Anthology』(未邦訳)では彼の名前をBom Vindimと誤表記している。また、Bom Vimdimを使うソースもいくつか存在し、週刊スター・ウォーズ ファクトファイル: 第15号ではこの表記に従い、カタカナ表記をボム・ヴィムディムとしている。『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』では、Vimdimの表記にヴィムディンの表記をあてている。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki