FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「仰せのままに」
ダース・ヴェイダーに対し、ボバ・フェット[出典]

ボバ・フェット(Boba Fett)は人間男性であり、悪名高い賞金稼ぎジャンゴ・フェットクローンである。ボバは惑星カミーノ共和国グランド・アーミークローン・トルーパーたちと同じように創られたが、彼らと違い遺伝子操作は一切行われなかった。クローン・トルーパーは成長速度を速められていたが、ボバは普通の人間と同じ速さでジャンゴの実の息子として育った。彼はジャンゴから賞金稼ぎに必要な戦闘の術を学んだ。

ジャンゴはクローン戦争独立星系連合ジェダイ率いる銀河共和国との戦い)の発端となったジオノーシスの戦いで死亡する。彼は少年のボバが見ている前でジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥに首を切り落とされた。ボバはジャンゴの仇討ちを誓い賞金稼ぎのオーラ・シングボスクらと共にウィンドゥ暗殺を試みた。彼の企ては失敗に終わったがこのジェダイ・マスターに対する憎しみは消えなかった。短い服役生活の後、彼は賞金稼ぎのチームを結成し数々の依頼をこなしていった。

銀河帝国の時代が始まるとボバは銀河において最も有名な賞金稼ぎのひとりとなった。彼の特徴であるマンダロリアン・アーマーは、帝国による惑星マンダロアの支配があってなおマンダロリアンが死に絶えていないということを物語っていた。銀河内戦の頃にはジャバ・ザ・ハットのために働いていた。ホスの戦いの時にはシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーに雇われハン・ソロレイア・オーガナの乗った<ミレニアム・ファルコン>を追跡した。そして惑星ベスピンクラウド・シティカーボン凍結されたソロを惑星タトゥイーンのジャバに届けた。

ルーク・スカイウォーカーをはじめとする共和国再建のための同盟がソロを救出に来るとカークーンの大穴の上でジャバの部下と同盟軍の戦いが始まった。戦いの最中、解凍されたソロとの偶然の接触によりジェット・パックが誤作動を起こし、ボバは1000年かけてゆっくり消化されるというサルラックの口に落ちていった。

経歴

創造と生い立ち

「報酬の一部が変わっているのですよ。フェットはたった1つのものを要求してきました。手を加えていない彼自身のクローンです。興味深いでしょう?」
ラマ・スー[出典]
Boba on Kamino

惑星カミーノにおける少年時代のボバ・フェット

ナブーの戦いの後、ジェダイ・マスターサイフォ=ディアス[1]銀河共和国を守るため、秘密裡に惑星カミーノクローン軍団を発注した。[7] しかしこれは共和国とジェダイ・オーダーを滅ぼすためのシスの陰謀だった。シス卿ダース・ティラナス賞金稼ぎジャンゴ・フェットを雇いクローン軍団の遺伝子提供者となるよう依頼した。ジャンゴは見返りとして、行動の抑制や成長加速を行わない純粋な自分自身のクローンをひとり要求した。カミーノアンの科学者たちはそのクローンを創り、ジャンゴは彼をボバ・フェットと名付け実の息子として育てた。[1]

カミーノで育ったボバは、父ジャンゴから賞金稼ぎとしてのスキルを教え込まれる。ボバはサバイバルと武術を教わり、子供のうちから射撃に長けていた。彼はまた、父の<スレーヴI>の操縦方法と攻撃システムを学んだ。同時にカミーノ政府の職員とも親しくなる。[1]

カミーノからの脱出

FettKenobiMeeting

ケノービと対面するボバとジャンゴ

クローン戦争勃発直前、ジャンゴは独立星系連合から敵となりうるパドメ・アミダラ元老院議員の暗殺を依頼される。ジャンゴと仲間のザム・ウェセルは惑星コルサントへ行くが任務に失敗し、逆にジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービにカミーノまで追跡される。ケノービはカミーノに着くとクローン軍団を見学し、ラマ・スー首相の側近トーン・ウィーにフェットと会いたいと申し出た。ボバは部屋にやってきたケノービとウィーを迎え、ジャンゴとジェダイの会話を見守った。暗殺未遂への関連を悟られたと感じたジャンゴは会見終了後ボバに出発の準備をするよう指示した。[1]

<スレーヴI>で出発する準備をしているときケノービが現れ、ジャンゴと一対一の勝負を始める。ふたりが戦っている間ボバは船のブラスター・キャノンでケノービを狙う。戦いは続きワイヤーでつながったジェダイと賞金稼ぎはプラットフォームの淵から下の海に落ちそうになる。ジャンゴはワイヤーを切断してケノービを落下させるとプラットフォームに這い上がり<スレーヴI>に乗り込んだ。ジャンゴはケノービが死んだものと思っていたが彼は生きており離陸していく船に発信機を取り付けていた。[1]

ボバとジャンゴは分離主義勢力のリーダたちが集っているジオノーシスへ向かう。フェット親子はジオノーシスの小惑星帯でケノービのジェダイ・スターファイターの追跡に気づきサイズミック・チャージやミサイルで攻撃する。ケノービはスペア・パーツを放出して撃墜されたように見せかけた。それを見たボバとジャンゴはケノービが死んだと思いジオノーシスへ着陸した。[1]

クローン大戦

ジャンゴの死

ケノービはボバとジャンゴに気づかれないまま二人の後を追い、ジオノーシスに着陸した。しかしケノービはその後すぐにジオノーシアンに捕らえられ、その様子を見た彼のパダワンアナキン・スカイウォーカーが師匠の救助に向かうが、スカイウォーカーとパドメ・アミダラも同じく捕らえられる。そして彼らの処刑を行おうとした時、ジャンゴとボバは観覧席からその様子を見ていたが、メイス・ウィンドゥをはじめとするジェダイ軍が到着した。ウィンドゥはその場にいたドゥークーへの脅しとしてライトセーバーをジャンゴの喉に当てたが、バトル・ドロイドの大群を倒すためアリーナへ向かった。
Young Fett

ジャンゴのヘルメットを持ち上げるボバ

こうしてジオノーシスの戦いが始まり、ジャンゴは戦いに参戦した。しかし戦いの途中で彼のアーマーに付いているジェットパックが破壊されてしまい、あえなくウィンドゥに殺されてしまう。ボバは父親が殺されるところを恐怖に包まれながら見ていた。アリーナでの戦いが終わった後、ボバはアリーナに降り立って父親のヘルメットを手に取り、ウィンドゥへの復讐を誓った。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。