FANDOM


ボナダン[1](Bonadan)はコーポレート・セクター内の主要な港の惑星であり、10もの巨大な宇宙港を誇っていたボナダン星系でも重要な惑星だった。また、ボナダンはハイディアン・ウェイの終点に位置していた採鉱の惑星であり、ボナダン・ヘヴィ・インダストリーズ社もおそらくこの惑星に本拠地を置いていた。この惑星には銀河中からやってきた多くの外来種族が住み着ついていたため、人口密度が高かった。惑星外へ行くボナダンの住民といえば、裕福な企業の一族か、企業の奴隷状態から逃げ出そうとするものたちだった。

地理

BonadanSurface

ボナダンの傷だらけの地表

ボナダンの黄色の、干上がった惑星表面は激しく腐食しており、そして惑星の表土は絶え間なく行われていた掘削作業や建築作業のせいで破壊されていた。残っている表面も工場や精錬所、あるいはドック、そして10の宇宙港内にある造船設備によって覆われていた。惑星ボナダンで最大の宇宙港はスペースポート・サウスイーストIIだった。

ボナダンの主要都市の北方の山には巨大な天候コントロール・ステーションが存在した。この施設は汚染された空気を浄化することが出来る、スイーパー・ストームを発生させるために使用されていた。ボナダンでは武器が禁止されていた。 そしてどこにでもあった武器の探知機がこの禁を破るものを即時逮捕していた。惑星を訪れる新顔は、着陸の前に徹底した調査を受けることになっていた。

宇宙から見ると、ボナダンはさびた赤色の細い筋に覆われた黄色の球体だった。惑星は不注意な採掘活動や大量の汚染物質、あるいは単なる放置によって死に絶えた植物のせいで、不毛で干上がった外見をしていた。ボナダンのタータポはこの惑星で生きながらえていた最後の動物相のうちのひとつである。

長年の露天採鉱と汚染、そして誤った処置によって汚染されたボナダンの不毛な景色も、かつては美しいものだった。

歴史

銀河内戦の初期、ボナダンは銀河帝国の支配下に置かれていた。帝国の者たちはCT-11スペース・タグによる出荷の準備として、いくつかの貨物コンテナからなる供給の貿易を立ち上げた。2隻のBFF-1バルク・フレイター、<デディット>と<バンサー>は、貨物を拾って帝国の艦隊へと配達を行っていた。しかし、帝国のネビュロンBエスコート・フリゲートエンフォーサー>がこれらの防衛にやってくるよりも先に、2機のBTL Yウイング・スターファイターがコンテナと2機の貨物船を破壊してしまった。

ユージャン・ヴォング戦争中、コーポレート・セクターの代表者は中立を主張していたにもかかわらず、外銀河からの侵略者によって買収されていた。

ボナダン咳はボナダン発祥の伝染病のウイルスであり、感染者にかすれた咳と強い疲労感を与えた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki