FANDOM


ボタジェフの戦い(Battle of Botajef)は、シス=帝国戦争の最初の年に勃発した、フェル帝国銀河連合自由同盟に雇われたマンダロリアンとの間の大きな戦いである。

戦闘

マンダロアチャーナン・オルドが指揮するマンダロリアン戦士団は、銀河連合自由同盟に雇われ、援軍の艦隊が到着するまで惑星ボタジェフフェル帝国の攻撃から守ることになった。しかし、マンダロリアンが戦争から手を引くことを望む正体不明のマスターに仕えていた裏切り者、ヤガ・オークスは、通信センターを妨害して仲間のマンダロリアンをひとり殺害し、ホンドー・カーを戦場に置き去りにした。マンダロアのオルドも戦いで命を落とす。オークスはマンダロリアンの大半を引き連れて惑星を去っていった。

カーは死んだストームトルーパー装甲服を着て、トルーパーの生き残りに扮することで生き残った。彼は第407ストームトルーパー師団の部隊、ラン・ハーカス軍曹の指揮するジョーカー・スクワッドに加わることになる。

制作の舞台裏

この出来事を描く作品は邦訳されていない。

登場作品

  • Star Wars Legacy 41: Rogue's End (初登場) (回想シーン)

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki