FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ボスク(Bossk)はトランドーシャン男性で、クローン戦争期から帝国時代にかけて活躍した賞金稼ぎ惑星トランドーシャ出身で、クラドスクの息子。ウーキー狩りで悪名高く、銀河系で最も恐れられた賞金稼ぎの1人だった。ボスクは仇討ちや政治には関心がなく、報酬で仕事を選んだ。クローン戦争中、ボスクは同業者のオーラ・シングキャスタスとチームを組み、父親を失って間もないボバ・フェットの面倒を見た。彼はジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥに対する復讐計画に力を貸したが、シングに見捨てられ、ボバと共に逮捕されてしまった。コルサント刑務所から脱獄した後も、ボスクは若きボバのボディガードを務め、ボバが率いるシンジケートの一員として活動した。戦争中、ボスクたちはアサージ・ヴェントレスをチームに迎え入れ、クォーザイトオチュア・ブランクの依頼を遂行する。ヴェントレスはすぐにチームから脱退したが、のちにボスクたちは彼女の頼みを引き受けセレノー分離主義勢力と争うことになった。

銀河帝国が台頭した後、ボスクはダグの犯罪者グロンソン・タカーロの首に賭けられた賞金を手に入れるべく、<ハウンズ・トゥース>に乗ってアウター・リム・テリトリーの惑星ロザルへ旅した。彼はこの任務でフォース感応者の孤児エズラ・ブリッジャーと知り合い、2人で協力して帝国保安局ジェンクス中尉の陰謀を暴いた。それから数年後、ボスクと同業者のブラック・クルルサンタンビーボックスIG-90ドクターチェリ・ローナ・アフラの依頼を引き受け、アンサン・プライム上空で帝国軍軽クルーザーを襲撃した。作戦は成功に終わり、ボスクは帝国が押収したソン=トゥール団の財宝の一部を手に入れた。ホスの戦いの直後、ボスクは他の賞金稼ぎ数名と共にスーパー・スター・デストロイヤーエグゼクター>に招集され、シス卿ダース・ヴェイダーから<ミレニアム・ファルコン>の捕獲を依頼された。しかし、この任務を達成し、単独で賞金を手に入れたのはボスクではなくボバ・フェットだった。

登場作品

参考資料

脚注

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。