FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ボシェック[1](BoShek)はコレリアンの男性で、密輸業者パイロットとしての才能と、微弱だがフォース=センシティブとしての能力を備えていた。故郷のコレリアを後にして銀河の裏社会に入ったボシェックは、最終的に船を操縦する仕事を見つけるが、惑星タトゥイーンでは、修道院に見せかけたワークショップで、プロ組織アウトロー・テックトランスポンダースライサーとしての闇の仕事をしていた。ここで彼は首尾よく仕事をこなし、次第に彼の心を引く存在になっていたフォースを学んだ。ヤヴィンの戦いの直前、ボシェックはケッセル・ランの新記録を塗り替え、友人で記録保持者のハン・ソロチューバッカから記録を自慢する権利を奪い取る。だが、ケッセル・ランの終わりにボシェックは追跡してきた銀河帝国TIEファイターを破壊してしまい、帝国から逮捕礼状を発行されてしまう。ボシェックは安全のためモス・アイズリーチャルマンの宇宙港カンティーナへと逃れ、そこでオビ=ワン・ケノービと会話を交わした。ケノービはこのとき、ボシェックにいかがわしい職業から離れるよう言い、フォースを扱うつもりならばライトサイドを受け入れるようアドバイスを与える。

ボシェックはケノービの話をまじめに受け取った。密輸稼業を辞めた彼は、遠く離れた惑星ストーガへと住み着く。彼は誠実に、シンプルな瞑想を常習的に行ったが、効果は無かった。ヤヴィンの戦いの6ヵ月後、ボシェックは反乱同盟軍のチームから命を狙われ逃れてきたラシュカ・ベックスという女性と出くわす。ボシェックは銀河内戦に参加したくは無かったが、彼女を乗せた輸送船を惑星外まで運転するのには同意した。だが、反乱軍が彼らを追跡してきたため、ボシェックは逃げ延びるためにパイロットとしての技術、そしてスウープを使わなければならなかった。逃走中、彼とベックスはお互いに惹かれるものを感じるようになる。それでも彼女が実は帝国のエージェントであると知ったボシェックは、帝国へ加わるよう薦める彼女の誘いを断り、その結果捕らえられてしまう。この1年以内に脱出に成功したボシェックだが、今度はライルスパイスを巡るいざこざに関わりあう。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki