Fandom

Wookieepedia

ボサン宙域

9,763このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
「ボサンはボサン領域を治めている。これはミッド・リムにあるボサウイを中心とした小規模な孤立地帯だ。政治的に中立なこのボサン領域には、おびただしい数の異なる政治派閥のスパイが暗躍している」
ボウスプリッツ[出典]

ボサン領域[1]Bothan Space)としても知られるボサン宙域Bothan sector)は、ミッド・リムに存在した小規模な宙域である。銀河帝国の時代には中立を維持していたが、後に反乱同盟を支持し、その諜報活動によって銀河内戦に影響を与えた。ボス星系コスリス星系などがこの宙域に属した。

特徴

ボサウイ

ボサン宙域の首都は、ボサンホームワールド惑星ボサウイである。ボサウイにはコスモポリタン都市があり、惑星コスリスをはじめとする植民惑星を持つ。コア・ワールドから遠く離れているが、銀河内戦中守り抜いた中立と優秀なスパイによる情報網で名を馳せた。

起伏の多い地殻、広大な大洋と険しい山脈が連なる山岳惑星。大地の下には広大なグリッター・ストーンの鉱脈が眠る。最大の大陸の赤道上、大きな谷には首都ドレヴィスターンがある。雪に覆われたけだかい山々に囲まれ、立ち並ぶ基地や居住地は太陽を反射して光り輝くグリッター・ストーンで造られている。また、ボサウイには家畜となる飼い慣らすことの出来る動物がほとんどいない。獰猛な肉食動物であるクラクッジャや羽を持つ獣ラルのように獰猛な動物はふんだんにいる、しかし、農耕や荷役の為に使える動物となると皆無なのだ。ボサンの文化や戦闘技術はこれら条件から発展していった。大型動物に武器や補給物資を携行させるといった戦いが非常に難し勝った、特に産業革命以前のボサウイでは、武器で戦うこと以上に特殊な戦闘技法を確立させた。また、情報を重視した上での敵に打ち勝つ巧妙な戦術にも長けていった。こうしてボサウイは自然と歴史によって優秀なスパイを生み出す星となったのだ。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki