Fandom

Wookieepedia

ボサン・アサルト・クルーザー

9,233このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

ボサン・アサルト・クルーザー[1](Bothan assault cruiser)は新共和国軍が使用したフリゲート艦。

概要

ボサン・アサルト・クルーザーはニュー・ジェダイ・オーダーが設立された当初の時代、新共和国インペリアル・レムナントとの間で和平条約が締結されてから、ユージャン・ヴォングによる侵略が開始されるまでの間に、ボサンによって開発された戦艦である。

この戦艦は比較的平和な時代に開発されたため、多くの人々はこれらを資源の無駄遣いとして見ており、このような資源と時間があるなら銀河内乱で傷ついた惑星の復興に回すべきだという手厳しい批判も目立っていた。また一部の人々は、この戦艦がボサンの軍事的侵攻計画の表れであると主張し、コレリアをはじめとする人間の居住惑星への配置を危惧する声も聞かれていた。だが、ユージャン・ヴォングによる侵略が開始されると、ボサン・アサルト・クルーザーは一転してコア・ワールドの防衛に大活躍するようになり、瞬く間に戦艦としての価値を証明したのだった。

アサルト・クルーザーは旧共和国ヴィクトリーII級スター・デストロイヤーと同様に、前線で戦う艦船として設計されている。これらはヴィクトリー IIと比べてやや小型で細い形状をしているが、より近代的な艦船であり、あらゆる面でヴィクトリーIIを上回る性能を有しているのだ。高性能なイオン・エンジンハイパードライブによって、この船は大型艦船の中でも優れた速度と機動性を誇っており、厚い強化装甲に加え、強力な偏向シールド発生装置も搭載されている。また、船体中央には戦闘機用の格納ベイがあり、船体の両サイドにもそれぞれ1つずつの発着および修理用パッドが用意され、合計で4個中隊の戦闘機を収容することが可能である。

知られている船

脚注

  1. カタカナ表記は『運命の道』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki