FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「小惑星帯を突破して敵艦隊を襲撃せよ」
グリーヴァス将軍[出典]

この小惑星帯惑星ボサウイ軌道を環状に取り囲んでいた。ボサウイ小惑星帯は非常に高密度だったため、航行者は自然と操縦技術が磨かれることになり、ボサウイは優れたパイロットたちの出身地として有名だった。[1]

歴史

「R2は?」
「残念だけどマスター、行方不明…」
―アナキン・スカイウォーカーとアソーカ・タノ[出典]

22 BBY、この小惑星帯はボサウイの戦いの戦場になった。銀河共和国ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーは、グリーヴァス将軍分離主義勢力艦隊を罠にかけるため、小惑星の岩陰にAT-TEウォーカー部隊をあらかじめ忍ばせておき、ミュニファスント級スター・フリゲートの背後をとることに成功する。分離主義者の艦隊はヴェネター級スター・デストロイヤーとAT-TEウォーカーの挟み撃ちで壊滅したが、グリーヴァスはベルブラブ22スターファイターソウルレス・ワン>で逃げ出した。また、スカイウォーカーは戦闘中にデルタ7Bインターセプターの機体トラブルに陥り、クローン・キャプテンレックスによって小惑星帯から救出される。しかし、彼の相棒であるアストロメク・ドロイドR2-D2は行方不明になってしまった。

R2-D2は戦場のデブリを漁るトランドーシャン廃品回収業者ガー・ナクトに連れ去られていた。R2を見つけるためG9リガー貨物船トワイライト>で小惑星帯の戦場跡地に戻ったスカイウォーカーとアソーカ・タノは、ナクトのGS-100廃品回収船ヴァルチャーズ・クロウ>を見つけ、顧客のふりをして船内に乗り込んだが、ナクトはRシリーズドロイドなど知らないと嘘をついた。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。