FANDOM


ボグウイング(Bogwing)は惑星ダゴバ原住の爬虫類クリーチャー。翼を持つトカゲのような生き物で、沼地に生息し、齧歯類や小さな生き物を捕食した。

生態と特徴

ボグウイングは縄張り意識が強く、侵入者を鋭い鉤爪でつかみ上げた。ボグウイングは空を飛びながら沼中に響き渡る金切り声を上げ、大勢で群れを成して地上に集まった。ボグウイングは生まれた時には既に空の飛び方を心得ており、母親も飛行中に子どもを出産した。

ボグウイングにはいくつかの亜種があり、その中で最大の種はダゴバの空において最強の捕食動物だった。ボグウイングに類似した種はナル・ハッタアリーンザイゲリアカダーヴォナブーにも生息していた。ナブーのグンガンはボグウイングを空に放ってガリボール・ゲームのハーフタイムの合図としていた。

登場エピソード

ファイル:Bogwing.png

参考資料