FANDOM


「後ろに誰かいるぜ」
―“ボギー”・ボーガ[出典]

ブーズー・“ボギー”・ボーガ(Boozoo "Bogey" Boga)は、アクアリッシュ男性銀河共和国の末期に活動した賞金稼ぎである。複数の過激な組織に属していた。彼はハイジャック犯として知られ、敵を打ち殺す前に声をかけることを好んでいた。彼はペペ・ブランコによって賞金を懸けられ、ナブーの侵略からしばらく後、アウトランド・ステーションジャンゴ・フェットがこの賞金を獲得する。

制作の舞台裏

ボギー・ボーガは、ゲーム『スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット』の第1章、ドッキングベイのステージに登場する。プレイヤーは彼を生け捕りにすれば4,000クレジット、殺害すれば2,000クレジットを獲得できる。

登場作品

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki