FANDOM


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「俺たちが最高のようだな」
―ボイル[出典]

ボイル(Boil)は共和国グランド・アーミー第212突撃大隊に仕え、ゴースト中隊の隊員としてクローン戦争に参加したクローン・トルーパーのニックネーム。ヤヴィンの戦いの22年前にクローン戦争が勃発した後、ボイルの所属する部隊は独立星系連合の占領下にあるトワイレック母星ライロスへ派遣された。ジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービクローン・マーシャル・コマンダーCC-2224に率いられたゴースト中隊は、ナバットの郊外に設置された分離主義勢力のプロトン砲破壊作戦を任された。ナバットに到着した後、ボイルは同僚のトルーパー、ワックサーと共に街の偵察を命じられる。住民は既に分離主義勢力の捕虜として連れ去られ、街は廃墟になっていた。

偵察任務中、ボイルとワックサーはヌーマという名前のトワイレックの少女を発見した。ボイルは任務を優先すべきだと抗議したが、ワックサーは少女を一緒に連れて行くことに決めた。2人のトルーパーはヌーマに案内されて破壊された彼女のへ行き、分離主義勢力が放った猛獣ガットカーの攻撃を凌いだ。ボイルとワックサーはヌーマから教わった地下の抜け穴を通ってゴースト中隊の本部へ戻った。その後、ゴースト中隊はこの地下道を通って分離主義勢力の本陣へ攻撃を仕掛けた。他の隊員が陽動攻撃を開始した後、ボイル、ワックサー、ケノービは生きた盾として利用されていたトワイレックの捕虜たちを解放し、砲台を破壊した。ライロスの戦いの後、ボイルはケノービ将軍の指揮のもと惑星ジオノーシスの戦いに参加した。ボイルとワックサーは撃墜されたLAAT/iガンシップからケノービ将軍を救い出し、共和国の陣地まで連れ帰った。

その後、ボイルはキロスの戦いダーツ・ドナー指揮下のバトル・ドロイド部隊と戦った。また、彼はケノービやアナキン・スカイウォーカー将軍と共に惑星クリストフシスクインラン・ヴォスアサージ・ヴェントレスドゥークー伯爵の捜索を行った。

経歴

生い立ち

“ボイル”は賞金稼ぎジャンゴ・フェットクローンで、銀河共和国のために戦うクローン・トルーパーとして惑星カミーノで生み出された。[1] 銀河共和国と独立星系連合のあいだにクローン戦争が勃発すると、ボイルは共和国グランド・アーミー第212突撃大隊ゴースト中隊の隊員として戦場に赴くことになった。彼の部隊はクローン・マーシャル・コマンダーCC-2224(通称“コーディ”)によって率いられていた。[2]

クローン戦争

ライロス襲撃

「放ってはおけない。一緒に連れて行こうや」
「マジかよワックサー。足手まといになるだけだ」
ワックサーとボイル[出典]
Ghost company

LLAT/iでナバットへ向かうボイルたち

ヤヴィンの戦いの約22前、テクノ・ユニオンワット・タンバー監督者率いる部隊がアウター・リム・テリトリーの惑星ライロス侵略し、トワイレックの住民を虐げた。ライロスの封鎖がしばらく続いた後、共和国軍は大規模な攻勢を開始した。ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノは、ライロスの上空で分離主義勢力の封鎖艦隊を破り、後続部隊の突破口を開いた。[4] ボイルはジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービ将軍コマンダー・コーディ、ゴースト中隊の隊員たちと共にLAAT/iガンシップクラム・ボマー>に乗り込み、ライロスの都市ナバットを目指した。[2][5]

ケノービとコーディはガンシップ機内で今回の作戦を説明し、トワイレックの街に被害を及ぼさないよう、使う武器をブラスター電磁パルス・グレネードに限定した。次の瞬間、地上に設置された分離主義勢力のJ-1プロトン砲が共和国軍アクラメイター級アサルト・シップへの砲撃を開始した。共和国は強力なプロトン砲のせいで援軍を送ることができず、アサルト・シップに乗るマスター・メイス・ウィンドゥホロプロジェクターでケノービに連絡を取り、彼とゴースト中隊にプロトン砲台破壊作戦を与えた。地表に降りたゴースト中隊は掩蔽壕に配置されたB1バトル・ドロイドを倒し、ナバットの街にたどり着いた。[2]

Numa hugs Boil

ボイルに抱きつくヌーマ

ケノービから“最高の部下”を使ってナバットを偵察するよう命じられたコマンダー・コーディは、ボイル、ワックサーウーリーを任務に選抜した。偵察中、ボイルとワックサーは他の2人と別行動を取り、指定の時間までに任務を終えて共和国の本部まで戻ってくるよう命じられた。その後、ボイルとワックサーは街の路地でトワイレックの少女ヌーマを発見する。ワックサーは孤児の少女を一緒に連れて行こうと言いだしたが、ボイルは任務の妨げになると考えて反対した。分離主義勢力の偵察ドロイドから身を隠した後、ボイルはワックサーを急かし立て、早く任務を終わらせるべきだと主張した。しかし最後はワックサーの説得に折れ、ヌーマを一緒に連れて行くことになった。[2]

当初ヌーマは2人のクローンをドロイドと勘違いし、差し出されたボイルの手にかみついた。自分たちも同じ生き物だと納得させるため、ボイルとワックサーはヘルメットを脱ぎ、腹を空かせていた少女にレーション・バーを与えた。バーを食べ終えたヌーマは、クローンの顔を見比べて「ネーラ」(トワイレッキ語で“兄弟”の意)と呼びかけたが、ボイルとワックサーにはその意味が分からなかった。再び街の路地に出た後、ボイルとワックサーはヌーマが偵察ドロイドのいる方向へ走っていったことに気付き、急いでその後を追った。2人がたどり着いたのは、分離主義勢力によって破壊されたヌーマの家だった。ワックサーはヌーマの家族に何が起きたのかを知り、床からトゥーカ人形を拾い上げて少女に差し出した。2人のクローンはヌーマを慰め、必ず助けてやると約束した。[2]

ナバット解放

「ワックサー、ボイル! どこで道草を食ってた!?」
コマンダーコーディ[出典]
Boil armor

ライロスにて、ボイル

その後ボイルはコーディから連絡を受け、任務に大きな遅れが出ていることに気付いた。ボイルはコーディの通信に応答しようとしたが、ワックサーに止められた。ワックサーはこの状況をごまかす必要があると判断し、通信妨害でコムリンクが機能しなかったと嘘をつくのが最善だと考えたのである。2人は急いでコーディのもとへ戻ろうとしたが、獰猛なガットカーが街に姿を現し、すぐにヌーマの家まで退却することになった。2人はヌーマに案内されて地下の抜け道に入り、ナバットに張り巡らされたトンネルを通ってケノービやコーディの待つ共和国軍本部に戻ることができた(ケノービたちもガットカーと遭遇し、撃退し終えたばかりだった)。分離主義勢力はナバットの捕虜を「生きた盾」として利用していたため、共和国はプロトン砲に大規模な攻撃を行う事ができないでいた。しかし、トワイレッキ語でヌーマと会話したケノービは、地下道を使えば敵に気付かれることなく捕虜の居場所に回りこめることを知った。[2]

コーディと他の隊員が陽動作戦でバトル・ドロイドの注意を逸らす間に、ボイル、ケノービ、ワックサーは地下道を通って分離主義勢力の陣地に潜入し、トワイレックの捕虜を解放した。ケノービはプロトン砲台を1基奪取し、ボイルとワックサーに再充填を手伝わせ、他の砲台を破壊し始めた。彼らは砲台を全て壊したが、Tシリーズ・タクティカル・ドロイドコマンダーTX-20が指揮する装甲型強襲用戦車の砲撃で吹っ飛ばされ、地面にた叩きつけられてしまう。ヌーマは思わず3人のもとへ駆け出し、クローンやケノービが起き上がるのを助けた。TX-20はケノービとヌーマに照準を定めたが、解放されたトワイレックの捕虜たちが戦車に群がり、タクティカル・ドロイドを引きずり下ろしてバラバラにした。ゴースト中隊がナバットを解放した後、ウィンドゥの援軍が地上に展開された。共和国軍は首都レッスーを奪回するためナバットを離れることになり、ボイルはヌーマに別れを告げた。ヌーマは去りゆくクローンたちに手を振りながら、再び「ネーラ」と呼びかけた。ネーラが「兄弟」という意味であることを知ると、ボイルとワックサーは振り返ってヌーマに手を振りかえした。[2] その後、共和国軍はタンバーを降伏に追い込み、ライロスからドロイド軍を一掃した。[6]

ジオノーシス

「俺たちいつも楽しい任務だよな?」
「こんなの序の口よ。本物のお楽しみはこれからさ」
―ワックサーとボイル[出典]
BoilARF-SWE

砂漠迷彩柄のARFトルーパー・アーマーを装着したボイル

ライロスの戦いの後、クローン戦争の最初の戦場となった惑星ジオノーシスで分離主義勢力の反乱が起きた。ポグル・ザ・レッサー大公に率いられた原住民ジオノージアンが新しいドロイド工場を建設し、分離主義勢力のためにバトル・ドロイドを製造し始めたのである。共和国はレイ・シールドに守られたポグルの工場を破壊するため軍隊を派遣し、第二次ジオノーシスの戦いが始まった。共和国軍はケノービ、スカイウォーカー、キ=アディ=ムンディ将軍が率いる3つの隊に分かれ、シールド発生装置攻略の足掛かり地点(通称ポイント・レイン)まで別々に進軍した。[7]

ボイルとワックサーはケノービ将軍やコマンダー・コーディの攻撃チームに従軍した。彼らはLAAT/iガンシップに乗って砂漠の惑星に降下し、共和国軍の合流地点を目指したが、ジオノージアンによる厳しい対空砲火にさらされた。着陸後、コーディは全地形対応戦術攻撃兵器(AT-TEウォーカー)で円形の防衛網を組み、ジオノージアンを相手に持久戦を繰り広げた。[7] 間もなく、ケノービ将軍の乗るガンシップ<バッド・キティ>が撃墜され、コーディやボイルたちから5キロメートル離れた場所に不時着した。[8]

ケノービの安否を確認するため、コーディはボイルとワックサーを<バッド・キティ>の生存者救出に送り出した。2人のトルーパーは激しい砲火を縫って進み、ガンシップの墜落地点にたどり着く。彼らは機内から唯一の生存者であるケノービ将軍とトルーパーのトラッパーを救い出した。ボイルとワックサーは共和国軍AT-TEウォーカーの支援砲火を受けながら2人の生存者をコーディのもとまで連れ帰った。彼らはしばらく苛酷な戦いを強いられたが、ウルフ・ユラーレン提督が派遣したYウイング・スターファイターが到着したことで九死に一生を得た。その後、合流した3つの隊はシールド発生装置の破壊に成功する。[7]

キロス

「状況はどうだ、ボイル?」
「まだバトル・ドロイドがうろうろしています。タワー周辺の警備は固めました。敵は逃げられないはずです」
―オビ=ワン・ケノービとボイル[出典]

トグルータの植民地であるキロスが分離主義勢力に侵略された際、ケノービ、スカイウォーカー、アソーカ・タノ、コマンダー・コーディ、クローン・キャプテンCT-7567の部隊が惑星解放作戦に派遣された。小規模なドロイド部隊を制圧した後、共和国軍は総督のタワー周辺を固め、独立星系連合を率いるザイゲリアンの司令官ダーツ・ドナーの逃げ道を塞いだ。AT-RTウォーカーに乗り込んで任務に参加していたボイルは、ケノービ将軍から報告を求められ、バトル・ドロイドがまだ街に残っていることを知らせた。キロスの戦いは共和国の勝利に終わったが、トグルータの植民者は既にザイゲリアンの奴隷商人に連れ去られた後だった。[9]

その後

ボイルやワックサーに命を救われたヌーマは、クローン戦争から20年近く経った後、ライロス解放運動のレジスタンス戦士として活躍した。ヤヴィンの戦いの3年前、ヌーマは左腕に第212突撃大隊のクローン・アーマーを装着していた。彼女の装甲の上腕部分にはオーラベッシュ文字で「ボイル」と書かれていた。[10]

個性と特徴

Boil full

クローン・トルーパー・ボイル

「泣くな、お嬢ちゃん。もう安全だ…俺が約束する」
ヌーマに対し、ボイル[出典]

他のクローン・トルーパーと同様、ボイルの身長は1.83メートルだった。[1] 彼の肌は褐色で髪は黒く[2]、目は茶色だった。[3] ボイルはライロスの戦いで規則に忠実な姿勢を見せ、物事が思うように進まない時には不満や皮肉を口にした。当初、ボイルは虐げられたライロスの民に冷ややかで、トワイレックを「尻尾頭」と呼んでいた。[2] 兵士としての自負があったボイルは[3]、トワイレックを憐れむどころか、彼らの無力さを弱さと見なしていた。そのためボイルはヌーマを助けることにも消極的で、与えられた任務に専念すべきだと考えた。[2] しかし、彼はヌーマの勇敢さと粘り強さを目にして心が動き、最終的にはこの少女に敬意すら払うようになった。[2][3]

ボイルとワックサーはクローン戦争で共に苛酷な試練を耐え抜くうちに戦友となった。ボイルは自分の方が戦友よりもタフだと考えていたが、ワックサーはそれに同意せず、ボイルが手入れしている口ひげを馬鹿にして楽しんでいた。[3] ボイルはライロスの任務でワックサーの安全を気にかけていた。また、オビ=ワン・ケノービ将軍はボイルとワックサーが遅刻するのは珍しいことだと考えていた。[2]

装備

ボイルはライロスの戦いでオレンジ色のマーキングが施されたフェイズIクローン・トルーパー・アーマーを装着していた。彼のヘルメットには赤い逆三角形と黒いシンボルマークが描かれていた。[2] ジオノーシスの戦いでは第212突撃大隊のマーキングが施された砂漠迷彩柄のアドバンスト・レコン・フォース・トルーパー用の装備を身に着けた。[7] ボイルはヌーマを讃えるため、このヘルメットの側部に彼女のイラストを入れていた。[3] ボイルはどちらの戦いでも標準的なDC-15Aブラスターを使用した。[2][7] また、キロスの戦いではAT-RTウォーカーを操縦した。[9]

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。