FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
Tatoooinefull

ルーク・スカイウォーカーのホームワールド、タトゥイーン

ホームワールド[1]母星[2](Homeworld)は、ある人物が生まれた、あるいは育った、あるいは嫁いだ先の惑星を指すことば。ホーム・ワールドとも。ドロイドの場合、ホームワールドは組み立てられた惑星を指す。ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナ・ソロといった多くの有名人は、生まれた惑星ではなく少年時代を過ごした惑星をホームワールドと呼んでいた。しかしナタシ・ダーラは、育った惑星ボタジェフではなく、生まれた惑星イアメヌをホームワールドと呼んだ。ジェダイグランド・マスターヨーダは自らのホームワールドを決して明かさなかった。

ホームワールドは種族の出身惑星を指す言葉としても使われた。銀河系には、種族の故郷となった惑星が何千と存在した。そのほとんどが近代的な宇宙港を持ち、高度な通商ネットワークとハイ・テクノロジーを有していた。

登場作品

ホームワールド、故郷、出身惑星についての言及がみられるメディアのリスト。

参考資料

脚注

  1. 表記は『悪の迷宮』に従う。
  2. スター・ウォーズ キャラクター&クリーチャー完全保存版』では「Homeworld Security Command」が「母星保安司令部」と訳されている。

関連項目

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。