FANDOM


「船に追跡装置は取りつけたのだろうな?」
ウィルハフ・ターキン[出典]
XX-23 S-thread tracker

TIEアドバンストv1から放たれたXX-23 Sスレッド追跡装置

ホーミング・ビーコン(Homing beacon)はスターシップの追跡に使用される発信装置。帝国時代サイナー・フリート・システムズ社ハイパースペース航行中の船でも追跡することができるXX-23 Sスレッド追跡装置を開発した。

また洗練された小型のデバイスでもあり、何千光年もの宇宙空間でもハイパーウェーブ信号(亜空間信号)を伝達することができる。

歴史

「パパ! つけられてるぜ!」
「船に発信器を仕掛けられたようだな」
ボバジャンゴ・フェット[出典]

ジオノーシスの戦いの直前、ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービ賞金稼ぎジャンゴ・フェットの宇宙船<スレーヴI>にホーミング・ビーコンを取り付けた。ケノービはデルタ7イーサスプライト級軽インターセプターで<スレーヴI>を追跡し、ジオノーシス上空の小惑星帯ドッグファイトを繰り広げた。

15回目の帝国の日大尋問官スペクターズの宇宙船<ゴースト>にXX-23 Sスレッド追跡装置を取り付けた。ハイパースペース航行中、反乱者たちは大尋問官の追跡に気付き、装置が取りつけられている補助機ファントム>を<ゴースト>から切り離した。

DF8C3096-7A9E-4863-B484-C64F3950FAF5

レイアレイに渡したブレスレット型のホーミング・ビーコン

ヤヴィンの戦いの直前、グランドモフウィルハフ・ターキンYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>にホーミング・ビーコンを仕掛け、反乱同盟秘密基地の場所を突き止めるためわざとデス・スターから逃がした。

最後のジェダイではレイア将軍はトランスミッターブレスレットとしてホーミング・ビーコンをレイに渡していた。それはレイルーク・スカイウォーカーを見つけたときにレジスタンスの位置を知るためである。

登場エピソード

参考資料

他言語版