FANDOM


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

ホーク(Hawk)はクローン戦争期に銀河共和国宇宙軍に仕えたクローン・トルーパー・パイロットのニックネームである。ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカークローン・キャプテンCT-7567(レックス)率いる共和国グランド・アーミー第501軍団に従軍し、数々の戦いに参加した。22 BBY、ホークはクリストフシス戦いリパブリック・アタック・ガンシップ操縦し、分離主義勢力バトル・ドロイド軍の待ち伏せを受けたスカイウォーカーやオビ=ワン・ケノービ将軍のチームを救出する。その後、ホークは犯罪王ジャバ・ザ・ハットの息子ロッタの救出を目的とした任務に加わり、スカイウォーカーとそのパダワンアソーカ・タノキャプテン・レックス率いるトレント中隊を惑星テスの地表へ運んだ。地上に降りた後、スカイウォーカーのチームはロッタが閉じ込められているボマー・オーダー修道院へ攻め入った。

20 BBY、共和国がアンバラの奪回を目的とした作戦を開始した際、ホークはグランド・アーミーの降下部隊に参加した。共和国軍がゴースト星雲の封鎖を破った後、ホークはアンバラン民兵の地上部隊による激しい対空砲火をかいくぐりながら、スカイウォーカー将軍、キャプテン・レックスらを乗せたガンシップを暗闇の地表へと飛ばした。同じ年、ホークは隠密飛行任務を帯びたニュー級アタック・シャトルワルキューレ2929>の操縦を任され、スカイウォーカー、レックス、タノ、ケノービをオンダロンジャングルへ降ろした。ホークのシャトルから降りた後、ジェダイたちは地元の反乱軍と合流する。19 BBY、ホークはクローンZ-95スターファイターに乗り込み、スキピオ戦いに参加した。彼はインターギャラクティック銀行グループメイン・ヴォールトの外にいた敵の地上部隊を一掃する。しかし、ホークが撃墜したヴァルチャー・ドロイドは不運にも地上の建物に墜落し、ラッシュ・クローヴィスなせてしまった。

登場作品

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。