Fandom

Wookieepedia

ホンドー・オナカー

9,234このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
「どんなトラブルも、金儲けのチャンスを秘めている」
―ホンドー・オナカー[出典]

ホンドー・オナカー(Hondo Ohnaka)はウィークウェイ男性で、クローン戦争期にオナカー・ギャングを率いた海賊である。惑星フローラムに拠点を置くオナカーの海賊団は、アウター・リム・テリトリーの各地に悪名を轟かせていた。彼はジャンゴ・フェットといった高名な賞金稼ぎたちと親交があり、オーラ・シングとはかつて愛し合った仲だった。オナカーは銀河帝国台頭後に勢力を失ったが、1人で犯罪活動を継続した。

クローン戦争中、オナカーは独立星系連合国家主席を務めるシス卿ドゥークー伯爵を誘拐した。伯爵の価値をよく理解していたオナカーは、連合の敵対勢力である銀河共和国から大金を手に入れようと画策する。彼は人質取り引きでジェダイオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーも捕まえることに成功したが、銀河元老院から派遣されたジャー・ジャー・ビンクス代議員とクローン・トルーパー部隊の活躍で捕虜を逃がしてしまった。しかしオナカーはこの事件で名前を売り、共和国と独特な関係性を保つようになった。根っからの海賊だったオナカーは、ジェダイに敬意を抱いていたものの、彼らに対する略奪や裏切りを繰り返した。フェルーシアでは地元の農民を襲撃した際、オナカーはスギ率いる賞金稼ぎの用心棒やジェダイに敗れて撤退した。

共和国に追われているオーラ・シングとボバ・フェットがフローラムにやって来た時、オナカーは2人が海賊基地でジェダイ・マスタープロ・クーンと交渉することを許可し、あくまで中立の立場から事件を見守った。また、スカイウォーカーの要請でオンダロン反乱軍を支援した後、オナカーの海賊団は高価なカイバー・クリスタルを奪うためジェダイの訓練用クルーザークルーシブル>を攻撃した。彼はパダワンアソーカ・タノや若きジェダイ訓練生たちと対立したが、共通の敵であるグリーヴァス将軍を倒すため手を結ぶことになった。その後、シスの兄弟ダース・モールサヴァージ・オプレスがフローラムを訪れ、オナカーに無条件の協力を求めた。モールの到着は海賊団に分裂をもたらしたが、オナカーはジェダイのケノービやアディ・ガリアと力を合わせ、シスの兄弟をフローラムから追い払った。

クローン戦争終結後、オナカーは基地とクルーを失ったが、アウター・リムで犯罪活動を続けた。4 BBYデヴァロニアン犯罪王シカトロ・ヴィザーゴとトラブルになった際、オナカーは反乱者のパダワン・エズラ・ブリッジャーと出会った。オナカーは利益を独占するためブリッジャーを裏切ったが、若きジェダイはこのウィークウェイの海賊に好感を持ち、その後も複数回にわたって取り引きを行った。3 BBY、オナカーはラサットの難民の情報を反乱者に教えたが、その直後に帝国軍に逮捕されると、反乱者の宇宙船ゴースト>の座標をエージェントカラスに売った。2 BBY、いまや大規模な反乱軍の一員となったブリッジャーたちは、オナカーをナラカ帝国刑務所から救出し、見返りとしてレクレム・ステーションに関する情報を受け取った。

表記

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』の初期のエピソードでは、字幕でホンドー・オーナカと表記され、吹き替えでもそのように発音されていた。

登場作品

Hondo.png

ホンドー・オナカー

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki