FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
Holonet

ホロネット

ホロネット(HoloNet)は銀河系規模のネットワーク。

概要

ハイパースペース・トンネル経由で送受信装置をリンクさせて形成した広大なネットワークがホロネットである。この技術では、高性能なデコーダー(復調装置)を使って、銀河中をたえまなく流れるホロ通信の分類と処理、ルート切り替えを行うことで、宇宙全体における即時通信さえも可能となった。ホロネットを使えば、コルサントにいる人物がアウター・リム・テリトリー程の遠方にいる人物と会話ができるのだ。

歴史

ホロネット発明以前、ホログラフィック通信を行うにはその距離が問題となっていた。たとえ亜空間リレーを使用したとしても、惑星間ともなれば大幅なタイムラグは避けられなかった。

この問題を避けるため、元老院の判断により導入されたのがホロネットである。これは旧共和国の政治と経済を効率化するための不可避のものであった。

ホロネットの長所のひとつに、非常に遠くの星系でも最新の情報を入手できるという点がある。これは、銀河帝国においては脅威と見なされ、皇帝パルパティーンによって部分的に閉鎖された。しかしホロネットを完全に沈黙させることは不可能であり、反乱同盟軍は運動を継続させるためにこれを役立てた。エンドアの戦いにおける帝国敗退のニュースはホロネットによって広まりタトゥイーンベスピンコルサントといった互いに遠く離れた惑星で、反乱軍の戦勝を同時に祝賀することができたのである。

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki