FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「どこまでも延々と続く巨大ウェブだ」
スケリー[出典]

ホロネット(HoloNet)は銀河共和国銀河帝国の市民が利用した巨大なコミュニケーション・システムである。ホロネット・ニュースはホロネットを通じて配信されていた。帝国はホロネットを使ってプロパガンダ放送を行っていたが、反政府勢力も秘密のホロネット・チャンネルで情報交換を行っていた。

歴史

ホロネットでは必ずしも真実が伝えられるとは限らず、誤報やデマも飛び交っていた。ゴースで働く爆破屋のスケリーはホロネットで流れていた情報を信じ、クローン戦争が始まったのは在庫を抱え過ぎたバトル・ドロイドのメーカーの陰謀だと考えていた。また、彼はホロネットで知った「ソリライド・トライアングル」陰謀説(採掘会社のオーナー、役員会が帝国の造船企業と結託しているという噂)を信じていた。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。