FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「ホロクロンにはジェダイ・オーダーの重要な秘密が封じ込めてあるの」
ジョカスタ・ヌー[出典]
Greatholocron

ホロクロン

ホロクロン(Holocron)はジェダイシスが使用した情報保存用装置。古代の教えや銀河系の地図など、重要な情報のホログラムが記録されていた。知識が外に漏れるのを防ぐため、ホロクロンの多くはフォース感応者にしかアクセスできない仕組みになっていた。ジェダイ・ホロクロンは正多面体の形が多かったが、シス・ホロクロンのほとんどはピラミッド状だった。

特徴

ホロクロンはホログラム情報を保存する情報記録装置で、その多くはフォースを使わなければ開かない仕組みになっていた。[1] ジェダイ・ホロクロンカイバー・メモリー・クリスタルに保存された情報へアクセスする鍵としての機能も果たし[2]シス・ホロクロンは古代シス超兵器を起動するための道具としても使われた。[3] 通常、ジェダイのホロクロンは正多面体の形で、各面は使用時に発光する結晶物質からできていた。シスのホロクロンはピラミッド状であることが多く、フォースのダークサイドを使う者にしか扱えなかった。[1]

歴史

ホロクロンはもともとジェダイが使用した情報保管用の装置だったが、シスも独自のホロクロン(シス・ホロクロン)を開発した。何世紀という長い歴史の中で、ジェダイ・マスターたちは何百ものホロクロンを作成した。ジェダイ・オーダーは自分たちの歴史的意義や物事の真実を見抜く手段としてホロクロンを位置付け、ジェダイ・アーカイブに厳重に保管して後世に受け継いでいた。ジェダイはシス・ホロクロンを銀河系で最も危険な遺物のひとつに数えていた。[1]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。