FANDOM


SenCamDroid-Ep1IG.jpg

銀河元老院のホロカム

ホロカム(Holocam)はホログラフィック・イメージを記録するための装置。監視や報道、保安など、使用目的はさまざまであり、またその形態も様々だった。

最も一般的なものはリパルサーリフトを装備した浮遊式のドローンで、元老院での記録などに使用されていた。ホバリング式のドロイド・カムと同じように、これらのホロカムは、ホロネットで放送したり、アーカイブにおさめるための画像を録画したのである。同じようなタイプはタトゥイーンモス・エスパ近郊で開催されるブーンタ・イヴ・クラシックのようなポッドレースの中継にも使われていた。57Cホロカムは、帝国軍がスパイ活動や占頷下の街を監視する目的で使用した。壁面設置型のホロカムは効果的で目立たない保安システムとして、デス・スターの監房区画の周囲に設置されていた。

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki