FANDOM


ホッグ・ナーフ工業社(Haugg Nerf Industries)は犯罪者のグロフ・ホッグが設立した企業である。銀河共和国の末期に活動した。首都惑星コルサント工業区画に、ナーフの精工場を持っていたが、その裏でデス・スティックのビジネスを行っていた。犯罪組織バンド・ゴラと関係があった。また、同社は借金を踏み倒したビスミュージシャンウーハン・スインノルの首に賞金を懸けていた。

32 BBYナブーの侵略の後、バンド・ゴラのリーダー、コマリ・ヴォサの情報を集めていた賞金稼ぎジャンゴ・フェットは、ホッグ・ナーフ工業社の工場に潜入した。彼はホッグを捕まえようとしたが、彼はすでに同じ目的を持つ賞金稼ぎモントロスによって殺されていた。

関係者

SWBH (Industrial District)

ホッグ・ナーフ工業社の工場

制作の舞台裏

公式サイトではホーグ・ナーフ工業とされているが、ここではグロフ・ホッグの名前と統一し、ホッグ・ナーフ工業社とする。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki