FANDOM


「今日こそ、終わりの日だ! 腐敗した政府の終わりだ! 反乱を黙認する違法政権の終わりだ! 今、この瞬間も、遠い星系では、堕落し無力となった新共和国が息も絶え絶えによろよろと進んでいる。一般市民に奉仕すると言いながらまったくできていない。一方で、多くの星系が捨て置かれ、死に絶えようとしている――そこには助けもなく、希望もない。退廃に溺れた新共和国は彼らを見捨て、最後の時を迎えていることに気づいていない」
アーミテイジ・ハックス将軍[出典]

ホズニアン事変(Hosnian Cataclysm)、あるいはホズニアン・プライムの破壊(Destruction of Hosnian Prime)とは、34 ABYファースト・オーダーの手でホズニアン星系が破壊された事件である。当時ファースト・オーダーはレジスタンスと呼ばれる私設軍隊と冷戦を繰り広げており、ホズニアン星系の惑星ホズニアン・プライムにはレジスタンスの存在を黙認する新共和国政府の首都があった。ファースト・オーダーは1つの星系を一度に破壊することができる超兵器スターキラー基地を使って新共和国への攻撃を実行に移した。新共和国元老院防衛艦隊の戦力はホズニアン・プライムもろとも滅ぼされた。ホズニアン星系の破壊は、惑星タコダナをはじめとする銀河系各地で観測された。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。