FANDOM


ペルタ級フリゲート(Pelta-class frigate)、別名共和国医療フリゲート(Republic medical frigate)はクワット・ドライブ・ヤード社が製造したフリゲート艦の級種。クローン戦争中、共和国宇宙軍が負傷したクローン・トルーパー医療ステーションへ運ぶ際に使用した。

特徴

TB-73 landed

着陸状態のペルタ級艦

医療用に使用されていたペルタ級フリゲートは、共和国宇宙軍の特徴的な赤いマーキングをペイントされていた。ペルタ級艦の外見はコレリアン・エンジニアリング社製のCR90コルベットと類似しており、ブリッジのタワーはカンセラー級スペース・クルーザーに似ていた。ペルタ級艦には少なくとも8つの脱出ポッドが積載されてた。船体後部の翼は収納式になっていた。

歴史

クローン戦争

クワット・ドライブ・ヤード社が製造したペルタ級フリゲートは、クローン戦争期に銀河共和国によって使用された。共和国は戦場で負傷したクローン・トルーパーをペルタ級フリゲートでヘイヴン級医療ステーションへ運搬した。ナブー近辺のペルタ級艦はカリーダ・ショールズ医療センターを利用した。このステーションは独立星系連合サブジュゲーター級重クルーザーマレヴォランス>の標的になった。

第二次ジオノーシスの戦いの直後、ダントゥインで戦う共和国グランド・アーミーの部隊に医薬品を届けるため、ペルタ級フリゲートTB-73オード・セスタス医療ステーションへ派遣された。しかし、乗員のクローン・トルーパー・サイスジオノーシスを離れる直前にジオノージアンブレイン・ワームに寄生されていた。マインド・コントロールで操られたサイスはTB-73内でタンゴ中隊の他の隊員にもワームを寄生させ、フリゲートを乗っ取ろうとした。ジェダイパダワンバリス・オフィーも洗脳されたが、アソーカ・タノの活躍でワームは全て退治され、医療ステーションに寄生虫の脅威が広まることはなかった。

帝国時代

Home Base and its fleet

反乱者のペルタ級フリゲート

帝国時代銀河帝国に抵抗するフェニックス戦隊はペルタ級フリゲート<フェニックス・ホーム>を司令船として利用していた。ヤヴィンの戦いの4前、<フェニックス・ホーム>はシス卿ダース・ヴェイダーの乗るTIEアドバンスト破壊され、反乱分子を率いるコマンダージュン・サトーは司令船をCR90コルベット<リベレーター>に変更した。

登場エピソード

参考資料

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - RX-200 - LAAT/i - LAAT/c - 自走重砲
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]