FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

銀河ベーシック、もしくはベーシック銀河スタンダードは、銀河で最も多く使われていた言語の名称。人間を始めとする多くの種族の間で使われていたが、イウォークタルズはその例外であった。またナブーグンガンはとても訛りの強いベーシックを話し、独自の文法や言葉を持っていた。

ほとんどのストームトルーパーはベーシックしか理解したり、話す事ができず、ハット語のような一般的な言語も理解できなかった。また種族によって声帯も異なるため、ウーキーアイソリアンはベーシックを理解するものの、話すことはできなかった。そのためアイソリアンはアイソリアン通訳機を使うことでベーシックを話した。カンジクラブのリーダーであるタス・リーチは、ベーシックを「弱い人々のための弱い言語」だとして、ベーシックを話すことを拒んだ[1]

ベーシックはオーラベッシュハイ・ギャラクティックの2種類の文字で書かれていた。

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。