Fandom

Wookieepedia

ベン・ケノービの家

9,060このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

ベン・ケノービの住居(Ben Kenobi's hut)は隠遁したオビ=ワン・ケノービが住んだ、惑星タトゥイーンデューン・シーにある小屋。

歴史

Kenobis hut layout.jpg

見取り図

オビ=ワン・ケノービはタトゥイーンに落ち着くと、ジャンドランド荒野の近くで、隠者として暮らし始めた。ジャンドランドはグレート・ソルトフラットデューン・シーの南西端を分かつ、岩だらけの厳しい荒野だ。老いたジェダイ、オビ=ワンは何もない砂漠を一望する岩の頂に建てた小屋に住むことにした。ここは、人里離れた峡谷で、ジャワタスケン・レイダー、水分抽出農場の農民、そして、彼の孤独と瞑想を乱そうとするだれからも邪魔されることがない場所だった。

オビ=ワンがタスケン・レイダーからルークを救い、砂漠の小屋に連れ帰ったとき、ルークは老人の住まいがジェダイの遺物、遠い昔の道具の宝庫であることに気づいた。アナキン・スカイウォーカーライトセーバーは、そうした遺物の中にあった。オビ=ワンはいつの日かルークが手にするのを心待ちにし、アナキンのライトセーバーを長年、最高の状態で保管していたのだ。ルークにすべてを打ち明けた後、彼らはタトゥイーンを離れ、銀河大戦の渦中に飛び込むことになる。

ケノービの死から3年後、ルークはタトゥイーンに戻り、しばしオビ=ワンの旧居に滞在した。彼から授かったライトセーバーを失ったので、ルークは亡き師の道具を使って、代わりのライトセーバーをつくった。家の中に残されていたオビ=ワンのメモを読み、彼の古い部品を探し出して、ルークはどうにか新しいライトセーバーをつくりあげることができた。こうして、戦いの準備が完了し、オビ=ワンの住まいをあとにしたとき、ルーク・スカイウォーカーはジェダイとして成長し、のちにニュー・ジェダイ・オーダーの創設者となっていくのである。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki