FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ベルー・ホワイトサン・ラーズ[2](Beru Whitesun Lars)は惑星タトゥイーン出身の人間女性銀河共和国が終焉を迎えた際、夫のオーウェン・ラーズとともにルーク・スカイウォーカーを養子として育て始めた。水分農夫の家系に生まれたベルー・ホワイトサンは、惑星タトゥイーンのモス・アイズリー近郊で育った。アンカーヘッドに旅行に出かけたとき、ベルーは別の水分農夫、オーウェン・ラーズとその父クリーグ・ラーズと出会う。オーウェンと恋に落ちたベルーは、ラーズ家のひとりとして彼らの農場で生活するようになる。

クローン戦争勃発の直前、オーウェンの義理の母親、シミ・スカイウォーカー・ラーズタスケン・レイダーによって誘拐されてしまった。そしてこの悲劇の直後、シミの息子であるアナキン・スカイウォーカーパドメ・アミダララーズ農場を訪れる。アナキンは母親シミの遺体を回収して埋葬した後、農場を去って行った。それから3後、クローン戦争が終結した19 BBY、夫婦になっていたベルーとオーウェンは、フォースのダークサイドに転向してシスの暗黒卿になってしまったアナキンの代わりに、彼の息子ルーク・スカイウォーカーを育てることになった。

ベルーとオーウェンはルークを実の息子同然に育てた。オーウェンは、ルークがアナキンと同じ道を辿るのではないかという不安から過保護になりがちだった。そのためベルーは、ルークの好奇心を阻害しようとするオーウェンをしばしば止めることがあった。ルークは、友人のビッグズ・ダークライターと共に帝国アカデミーに加わりたいと考えていたが、オーウェンは彼の願いを認めなかった。オーウェンとルークのやり取りが何度も繰り返された後、ベルーはあと1シーズンだけ農場で働いた後にルークをアカデミーに入学させるよう夫を説得した。それから1年が過ぎ、ベルーはいよいよルークを外に出す時が来たと考えたが、夫婦にはもはや話し合う時間が残っていなかった。ダース・ヴェイダーの命令で初代デス・スターの設計図を探していたストームトルーパーが、ラーズ夫妻を無残に殺害してしまったのである。

制作の舞台裏

新たなる希望』でベルー・ラーズを演じたのはシーラ・フレイザー。『クローンの攻撃』と『シスの復讐』で若き日のベルーを演じたのはボニー・マリー・ピース

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 出典:The New Essential Guide to Characters
  2. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター&クリーチャー完全保存版』に基づく。
Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki