FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ベルー・ホワイトサン・ラーズ(Beru Whitesun Lars)は銀河共和国末期から銀河帝国の時代にかけて砂漠惑星タトゥイーンに住んでいた人間女性水分農夫オーウェン・ラーズの妻。オーウェンの義理の兄弟であるアナキン・スカイウォーカーの息子、ルークを養子に引き取って育てた。ヤヴィンの戦いの直前、デス・スター設計図を捜索していた銀河帝国ストームトルーパーによって殺害された。

経歴

共和国時代

分離主義運動の時代、ベルー・ホワイトサンはボーイフレンドであるオーウェン・ラーズ水分農場で彼の家族と共に生活していた。当時、オーウェンの父であるクリーグ・ラーズは、元奴隷シミ・スカイウォーカーと再婚していた。シミの持ち物だったプロトコル・ドロイドC-3POラーズの農場で生活を共にしていた。ジオノーシスの戦いの1か月ほど前、シミがタスケン・レイダーによって誘拐される事件が起きた。それから間もなく、シミの息子でジェダイパダワンアナキン・スカイウォーカーパドメ・アミダラを伴ってラーズ農場を訪れた。スカイウォーカーは単身タスケンのキャンプに出向いたが、母親のシミは息子と再会した直後に息を引き取ってしまった。アナキンはシミの亡骸をラーズ農場に持ち帰り、埋葬した後、去っていった。[1]

帝国時代

クローン戦争終結時、アナキンはフォースダークサイドに転向してシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーになった。ヴェイダー自身も知らなかったが、彼の妻アミダラは死ぬ直前に双子ルークレイアを出産していた。ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービは、シス卿銀河帝国の目から隠すためにルークをラーズ家に預けることに決めた。結婚して夫婦になっていたオーウェンとベルーは、ケノービから赤ん坊のルークを受け取った。[2]

ケノービはルークを見守るためタトゥイーンに住んだが、オーウェンは彼の存在を疎ましく思うようになった。[3] オーウェンはルークがアナキンと同じ道を歩むことを懸念し、彼に父親の正体を秘密にしていた。しかし、ベルーはアナキン・スカイウォーカーの息子に農民の生活を強いるのは無理だと考えていた。[4]

ルークを預かってからおよそ19年が過ぎた後、オーウェン・ラーズは2体のドロイド(C-3POとR2-D2)を購入した。C-3POはかつてラーズ家で使用されていたドロイドだったが、オーウェンはそのことをすっかり忘れていた。[3] 彼らは知らなかったが、このドロイドには共和国再建のための同盟プリンセス・レイア・オーガナのメッセージとデス・スター設計図が託されていた。スカイウォーカーが2体のドロイドと共にケノービの家に出かけている間に、設計図を捜索中の帝国軍ストームトルーパーがラーズ農場を訪れ、ドロイドの購入者である夫妻を殺害した。育て親が殺されたことを知ったルークは、ジェダイになるためタトゥイーンを去ることに決めた。[4]

制作の舞台裏

スター・ウォーズ 100シーン』ではベル・ホワイトスンと表記されている。

登場エピソード

参考資料

脚注